TOP大野事務所コラム事業場外労働の協定は締結しない方がよい?

事業場外労働の協定は締結しない方がよい?

こんにちは。大野事務所の高田です。

 

事業場外労働のみなし労働時間制に関して、顧問先様からご相談を受ける機会が時々あります。近年、通信インフラや通信端末等の発達により、当該制度を導入するための前提条件である「労働時間を算定しがたい」状況が減りつつあると感じますが、とはいえ、業種、職種によってはまだまだ活用の場面が無くなったわけではありません。今回は、当制度に関して、筆者が長年ずっと疑問というよりは不満に感じていることについて採り上げたいと思います。

 

1.全部または一部事業場外の場合は所定労働時間でみなす

 

根拠となる労働基準法第38条の2の条文を、第1項の第1文から確認します。

 


労働者が労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合において、労働時間を算定し難いときは、所定労働時間労働したものとみなす。


 

ここでは、「労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合」とあるとおり、1日の全部のみならず、一部を事業場外、すなわち事業場内と事業場外の業務が混在した場合においても所定労働時間でみなす旨を謳っています。この理屈としては、事業場内の業務は労働時間の算定が可能だとしても、事業場外の業務が算定困難である以上、両者合わせた労働時間の算定は困難ですよね?ということであり、これは確かに納得のいくところです。

 

2.所定労働時間を超えて労働が必要な場合は、事業場外労働の必要時間でみなす

 

続いて第2文です。

 


ただし、当該業務を遂行するためには通常所定労働時間を超えて労働することが必要となる場合においては、当該業務に関しては、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務の遂行に通常必要とされる時間労働したものとみなす。


 

ここでは、「当該業務」を遂行するために所定労働時間を超える場合は、「当該業務」の遂行に必要な時間でみなす旨を謳っています。「当該業務」とは第1文の「事業場外の業務」を指していますので、つまり、第2文は、事業場外の業務を遂行するために所定労働時間を超える場合は、事業場外の業務に必要な時間でみなす旨を定めたものとなります。

 

3.労使協定は、事業場外労働のみなし時間についての協定である

 

引き続き、労使協定について定めた第2項の条文も確認しておきます。

 


前項ただし書の場合において、当該業務に関し、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、その協定で定める時間を同項ただし書の当該業務の遂行に通常必要とされる時間とする。


 

ここでは、前項ただし書の場合(事業場外の業務を遂行するために所定労働時間を超える場合)において協定を締結した場合は、事業場外の業務に必要な時間を協定にて定める旨を謳っています。

 

4.事業場内・外を合わせて所定労働時間超でみなせないのか

 

つまり、この協定は「事業場外の業務に必要な時間」を定めたものですので、「事業場内の業務と事業場外の業務とを合わせて必要な時間」を協定するものではないということです。したがって、同じ日において事業場内の業務と事業場外の業務が混在する場合には、事業場内の業務の実働時間を別途把握して、事業場外のみなし労働時間に加算しなければならないとの理屈になるわけです。

 

たとえば、事業場外のみなし労働時間を9時間で協定した例で考えると、午前中の3時間を事業場内で労働した場合の1日の労働時間は3+9=12時間、夕方までの6時間を事業場内で労働した場合の1日の労働時間は6+9=15時間となるわけですが、以上からお察し頂けるとおり、事業場内の労働がそれなりに混在するケースにおいては、1日の労働時間がどうしても長時間化してしまうことを避けられません。長時間化することを避けるためには、事業場外のみなし労働時間を短め(たとえば6時間等)に設定しておくしかありません。(この場合において、事業場内の労働がない(短い)ことによって1日の労働時間が所定労働時間を満たさない場合は、所定労働時間でみなすことになります。)

 

この協定が、あくまでも「事業場外の業務」におけるみなし労働時間を定めるものであるとの条文解釈が正しいことは分かるのですが、とはいえ、何も協定していない状態では「事業場内・外を合わせて所定労働時間でみなす」ことを認めているにもかかわらず、協定を締結した途端に「事業場内・外を合わせて所定労働時間を超える時間でみなす」ことが認められなくなるという点が、筆者にとっての大いなる疑問であり不満であるわけです。たとえば、事業場内・外を合わせて9時間でみなすといった協定が、法の趣旨等に照らして何かしら問題なのでしょうか?

 

5.事業場外労働の協定は締結しない方がよい?

 

以上のとおり、事業場外労働の協定では、事業場内・外を合わせて所定労働時間を超える時間でみなすことができません。協定を締結しなければ、原則に基づいて事業場内・外を合わせて所定労働時間でみなすわけですが、それでは労働者が気の毒だから少しは残業を付けてあげようとの善意でもって、たとえば9時間の協定を安易に締結すると、足もとをすくわれかねません。

 

筆者自身は、そもそも、法律の方に欠陥があるのではないかと正直思っていますが、とはいえ、法律が現にそのように定められている以上は、企業側がきちんと理解した上で対応しなければならないのが現実です。

 

 

執筆者:高田

高田 弘人

高田 弘人 特定社会保険労務士

パートナー社員

岐阜県出身。一橋大学経済学部卒業。
大野事務所に入所するまでの約10年間、民間企業の人事労務部門に勤務していました。そのときの経験を基に、企業の人事労務担当者の目線で物事を考えることを大切にしています。クライアントが何を望み、何をお求めになっているのかを常に考え、ご満足いただけるサービスをご提供できる社労士でありたいと思っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop