TOP大野事務所コラム「葦とオリーブの木」・・・レジリエンスのこと―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑮

「葦とオリーブの木」・・・レジリエンスのこと―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑮

こんにちは。大野事務所の今泉です。

 

前回、ワーク・エンゲージメントについて書かせていただきましたが、ワーク・エンゲージメントとは(1)仕事から活力を得ていきいきとしている(活力)(2)仕事に誇りややりがいを感じている(熱意)(3)仕事に熱心に取り組んでいる(没頭)状態であり、これを高めるためには、それぞれの仕事の意義を再認識させることが重要ではないか、と提起させていただきました。

ただ、ワーク・エンゲージメントを維持するためには、社員個人個人の精神状態も重要といえるでしょう。ストレスフルであったり、疲弊していたのでは、ワーク・エンゲージメントどころの話ではありません。

そこで、今回は個人側にスポットをあてたいと考えていますが、まずストレス、疲弊ということとなると、メンタルヘルスという言葉が思い浮かぶかもしれません。メンタルヘルス(対策)はこれらを軽減・緩和を目的とした支援策のことですね。ここ数年、メンタルヘルス対策は、多くの会社が取り組んでいることだろうと思われます。精神衛生は労務管理の最重要課題といってもいいくらいかもしれません。この点のご相談も多くいただいています。

 

しかしながら、日々仕事をしている以上、どんな仕事であってもストレスがかからないということはありませんし、疲れないということもないでしょう。緩和・軽減することは可能かもしれませんが、ストレスを完全に除去すること、あるいは疲れない状況をつくり出すことは不可能だと思います。

 

この観点からいうと、大事なのはいかに回復するか、もしくは適応するかということだともいえます。

そこで、登場するのが「レジリエンス」という概念です。

 

「レジリエンス」は脆弱性の反対語で「復元力」、「回復力」、「弾力」といった意味ですが、より積極的には「自発的治癒力」などといわれたりします。中でもイメージを的確にとらえているなぁ、と感じるのが、「弾力」という言葉です。よく「心が折れる」と言ったりしますが、物質は弾力性が強ければ、折れづらいですよね。心についても同様で、レジリエンスはそういった弾力性やしなやかさを伴うものと考えています。

 

皆さんは「葦(あし)とオリーブの木」というイソップ童話をご存知でしょうか?次のような話です。

 オリーブの木は、葦に向かってこう言いました。

「お前なんかヘナヘナで、ちょっと風が吹けばすぐにフラフラお辞儀して、まいったと言うじゃないか」

「・・・」

 葦は黙ったままです。

 そこへ、強い風が吹いてきました。

 葦は揺さぶられ、フラフラとお辞儀させられましたが、無事に切り抜けました。

 オリーブの木は、風に向かって頑張っているうちに、根元から折れてしまいました。

色々な例えがあるかもしれませんが、この葦のようなものがレジリエンスのイメージに近いと思っています。「耐える」というより躱(かわ)す」という対処ですね。

 

ところで、レジリエンスを構築するためにアメリカ心理学会は「レジリエンスを築く10の方法」と呼ばれているものを公表しています。

①親戚や友人らと良好な関係を維持する。

②危機やストレスに満ちた出来事でも、それを耐え難い問題として見ないようにする。

③変えられない状況を受容する。

④現実的な目標を立て、それに向かって進む。

⑤不利な状況であっても、決断し行動する。

⑥損失を出した闘いの後には、自己発見の機会を探す。

⑦自信を深める。

⑧長期的な視点を保ち、より広範な状況でストレスの多い出来事を検討する。

⑨希望的な見通しを維持し、良いことを期待し、希望を視覚化する。

⑩心と体をケアし、定期的に運動し、己のニーズと気持ちに注意を払う。

 

①から⑩までのそれぞれが、それなりに難しい内容を含むものかもしれませんが、できることもあるでしょう。重要なのは、自分に合った方法を見つけることではないでしょうか。

 

働き方改革やDX等によって、働き方は大きく変わる可能性があります。すでにテレワークの導入などはその一端といえます。通勤の混雑から解放される等メリットはあるものの別の意味でストレスを抱えるということもあるようです。前述のとおり、これからもストレスがなくなることはないでしょう。そんなストレス社会で心身ともに健康を保つためには、「ストレッサー」にうまく対処していくことが欠かせないと考えます。ときには立ち向かうことも必要かもしれませんが、「いなす」「躱す」といったやり方もあるのではないか、と思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

渋谷第1事業部 事業部長/ 執行役員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2022.06.27 これまでの情報配信メール
外国人労働者問題啓発月間・令和4年度の算定基礎届の記入方法等について
2022.06.22 大野事務所コラム
人材版伊藤レポート(2.0)
2022.06.15 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第8回)
2022.06.13 これまでの情報配信メール
月60時間を超える時間外労働にかかる割増賃金率の引き上げおよび労働基準関係法令違反に係る公表事案
2022.06.08 大野事務所コラム
コンフリクトの解決モード―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑲
2022.06.01 大野事務所コラム
社会保険の適用拡大について
2022.05.26 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【今国会で成立した労働関係法案】
2022.05.26 これまでの情報配信メール
「シフト制」労働者の雇用管理に関するリーフレット
2022.05.25 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第7回)
2022.05.20 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【内定取消しの法的性質と有効性】
2022.05.18 大野事務所コラム
「育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A」が公開されました
2022.05.11 大野事務所コラム
パート有期法第13条・第14条への対応は出来ていますか
2022.05.11 これまでの情報配信メール
育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A
2022.04.27 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第6回)
2022.04.26 これまでの情報配信メール
労働保険の年度更新および「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」について
2022.04.22 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【同一労働同一賃金とは】
2022.04.20 大野事務所コラム
「多様化する労働契約のルールに関する検討会報告書」が公表されました
2022.04.13 大野事務所コラム
オレンジゲーム―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑱
2022.04.12 これまでの情報配信メール
育児・介護休業法関連の資料および令和4年度の雇用保険料率の変更について
2022.04.06 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第5回)
2022.04.01 法改正情報
法改正情報(2022年1月1日以降施行)
2022.03.30 大野事務所コラム
大企業、中小企業の定義について
2022.03.28 これまでの情報配信メール
女性活躍推進法の改正および年金手帳の新規交付の終了について
2022.03.25 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(下・社会保険関係編)】
2022.03.23 大野事務所コラム
新しい育児休業制度と改正法施行日との関係
2022.03.18 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【副業・兼業への企業対応】
2022.03.16 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第4回)
2022.03.11 これまでの情報配信メール
各保険における令和4年度の保険料率の変更について
2022.03.10 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(上・労働関係編)】
2022.03.09 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2022.03.09 大野事務所コラム
企業白書が提言する労働法制の見直しとは
2022.03.02 大野事務所コラム
在籍型の出向者のみで構成される出向先企業に労働者名簿、賃金台帳の調製義務はあるのか?
2022.03.01 これまでの情報配信メール
改正育児・介護休業法に関するQ&Aの内容紹介等
2022.02.23 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第3回)
2022.02.16 大野事務所コラム
「対立」は当然に起こり得る―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑰
2022.02.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【職場でのハラスメント対策(後編)】
2022.02.14 これまでの情報配信メール
パワハラ防止対策(改正労推法) 自主点検サイトのご案内
2022.02.09 大野事務所コラム
衛生管理者の「専属」とは
2022.02.02 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第2回)
2022.01.26 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法に対応した育児休業給付
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop