TOPこれまでの情報配信メールアルコール検知器による検査の義務化 女性の管理職や男性の育児休業に関する各種調査について

アルコール検知器による検査の義務化 女性の管理職や男性の育児休業に関する各種調査について

※弊事務所のお客様に対し、タイムリーな情報提供を目的として配信しているメールです。

 

平素は大変お世話になっております。
社会保険労務士法人大野事務所のメール配信事務局です。

本日は以下2点についてご案内します。

 

==目次====================================
【1】 アルコール検知器による検査の義務化について
【2】 女性の管理職や男性の育児休業に関する各種調査について
========================================

 

【1】 アルコール検知器による検査の義務化について

内閣府は、8月15日、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令(令和5年内閣府令第62号)を発令しました。これにより、緑ナンバー車といわれるバスやタクシー、トラックといった「旅客や貨物の運送事業に用いられる事業用車両」を保有する事業者のみならず、業務使用の自家用自動車(いわゆる白ナンバー車)を一定数保有する事業者に対しても、運転の前後にアルコール検知器を用いた検査が義務化されます。当初2022年10月に施行が予定されていたアルコール検知器使用の義務化は、半導体不足などの要因による検知器の供給状況を鑑みて延期されていましたが、検査器の調達が可能になったとして2023年12月1日から義務化規定が適用されることとなりました。

2023年12月1日から施行される事項は以下となります。

・酒気帯びの有無を目視だけでなく、アルコール検知器でも確認
・検知による確認の記録を1年間保存
・検知器を常に有効に機能するよう管理

 

<道路交通法施行規則第9条の10>
六 運転しようとする運転者及び運転を終了した運転者に対し、酒気帯びの有無について、当該運転者の状態を目視等で確認するほか、アルコール検知器(呼気に含まれるアルコールを検知する機器であって、国家公安委員会が定めるものをいう。次号において同じ。)を用いて確認を行うこと。
七 前号の規定による確認の内容を記録し、及びその記録を一年間保存し、並びにアルコール検知器を常時有効に保持すること。

今回の法改正により義務化の対象となるのは以下に該当する事業者です。安全運転管理者を選任した上で当該管理者によるアルコールチェックが必要です。

なお、複数の事業所がある場合は、下記条件を満たす事業所の数だけ安全運転管理者の選任が必要です。

・11人以上が乗車できる自動車を1台以上保有している
・または、その他の自動車を5台以上保有している

 

警視庁からは、安全運転管理者による運転前後のアルコールチェックについてのリーフレットが公表されています。

■警察庁 内閣府令第六十二号「道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令」
https://www.npa.go.jp/laws/kaisei/furei/230815/kaiseifurei.pdf

■警視庁 令和5年8月発行「アルコール検知器を用いることが義務化されます。」
https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kotsu/jikoboshi/torikumi/kotsu_joho/jigyo_shokugyo.files/20230817.pdf

 

【2】 女性の管理職や男性の育児休業に関する各種調査について

厚生労働省は、7月31日、「令和4年度雇用均等基本調査」の結果を公表しました。「雇用均等基本調査」は、男女の均等な取扱いや仕事と家庭の両立などに関する雇用管理の実態把握を目的に厚生労働省が実施しており、全国の企業と事業所を対象に、管理職等に占める女性の割合や、男性の育児休業の割合などを調査した結果が掲載されています。

 

<管理職等に占める女性の割合>
・役員 21.1%(令和3年度 21.4%)
・部長相当職 8.0%(同 7.8%)
・課長相当職 11.6%(同 10.7%)
・係長相当職 18.7%(同 18.8%)

 

<育児休業取得者の割合>
・女性 80.2%(令和3年度 85.1%)
・男性 17.13%(同 13.97%)

 

他にも、ハラスメント防止に対する取り組みや育児・介護休業制度等に関する事項、多様な正社員制度に関してなどの調査結果が公表されています。詳細は、以下のページからご覧ください。

 

■厚生労働省 令和4年度雇用均等基本調査
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-r04.html

 

なお、弊事務所ホームページでは法改正情報等のニュースやコラムを定期的に掲載しておりますので、是非ご参照ください。

■法改正情報
https://www.ohno-jimusho.co.jp/special_info/sp03/

■大野事務所コラム
https://www.ohno-jimusho.co.jp/category/cate-3/#catetitle

過去のニュース

ニュースリリース

2024.07.19 これまでの情報配信メール
仕事と介護の両立支援に向けた経営者向けガイドライン
2024.07.17 大野事務所コラム
通勤災害における通勤とは①
2024.07.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【振替休日と割増賃金】
2024.07.10 大野事務所コラム
これまでの(兼務)出向に関するコラムのご紹介
2024.07.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【歩合給に対しても割増賃金は必要か?】
2024.07.03 大野事務所コラム
CHANGE!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉞
2024.06.26 大野事務所コラム
出生時育児休業による社会保険料免除は1ヶ月分?2ヶ月分?
2024.06.19 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応(規程・労使協定編)
2024.06.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【社員への貸付金や立替金を給与で相殺できるか】
2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop