TOP大野事務所コラム雨が降れば傘をさす―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉗

雨が降れば傘をさす―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉗

こんにちは。大野事務所の今泉です。

じめじめしてますね。。。

 

さて、前回は「ある行動の直後に、良いことが起きれば、その行動が増える」パターンの「強化」についてのお話でしたが、もう一つ「ある行動の直後に、嫌なことが無くなれば、その行動が増える」パターンもあるとお伝えしていました。

 

 

梅雨時は雨の多い日が続きますが、雨が降ってきたら傘をさします。傘をさせば「ビショビショに濡れてしまう」という嫌なことが無くなります。ですので、雨が降ったら傘をさすようになります。また、よくいわれる例として、上司に怒られた、という嫌なことが起こった場合に、「謝る」ことで上司の説教が終わった(嫌なことがなくなる)とすると、再び上司に怒られたとき、「謝る」という行動を繰り返します。このようなものが、「ある行動の直後に、嫌なことが無くなれば、その行動が増える」パターンです。

ところで、後者の例では「謝る」という行動が強化されているわけですが、最初は真摯に反省していたとしても、毎回説教を喰らっているうちに「慣れて」きて、「とりあえず謝っとけばいいや」、「さっさと謝って終わりにしよう」となることも往々にしてあると思います。それを上司が気づくと、さらに厳しく怒る、説教をするという行動に繋がりかねません。終いには「ハラスメント」となってしまう、というケースもあるでしょう。

 

このように、嫌なこと、というのは慣れてしまう、あるいはやり過ごしてしまいがちなものです。触らぬ神に祟りなし、ですね。

 

一方、上司に相談しなければならないが、相談したところ煙たがられた、というようなケースがあると、相談に行きづらくなりますよね。このようなことが続けば、上司に相談しなくなっていきます。また、会議中に発言した際に、まったく取り上げられない、無視されるということがあると、次から発言しづらくなる、といったこともあります。

 

つまり、「ある行動の直後に、嫌なことが発生すると、その行動をしなくなる」というパターンが発生します。これは「弱化」といわれます。

 

このことは以前お話しした「心理的安全性」にもつながることで、心理的安全性とは弱化を引き起こさないための装置といえるような気がします。

 

この弱化については、新しいことをしなくなるというデメリットももたらします。いつも上司に煙たがれていると、上司に煙たがれないような行動しかとらなくなってきます。ご機嫌伺いを取ることばかりに思いが及んでしまう結果、イノベーティブなアイデアや建設的意見が出にくくなってしまう、ということですね。

 

その一方で、弱化することが必要な場面もあります。

最も分かりやすいのは刑罰法規であり、行為を起こすことで罰則が科されると分かっていれば、その行為を慎むことになります。労基法も罰則付きで使用者に遵守義務を負わせる刑罰法規の性質を有するのは、ご存知のところと思います。起こって欲しくない状況を未然に防ぐ、つまり予防のためのシステムや対応には有効といえるでしょう。

 

ところで、「ある行動の直後に、良いことが起きなければ、その行動をしなくなる」ということも考えられます。これも「弱化」です。遊んでいる子供に「勉強しなさい!!」と言って勉強させると(行動の直後)、当然遊べなくなります(良いことが起きない)。

よって、勉強しなくなるので、子どもに「勉強しなさい!!」と言ってはいけない(と一般に言われている)所以です。

 

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

渋谷第1事業部 事業部長/ パートナー社員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
2024.01.19 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈前編〉】
2024.01.17 大野事務所コラム
労働保険の対象となる賃金を考える
2024.01.10 大野事務所コラム
なぜ学ぶのか?
2023.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop