TOP大野事務所コラムホオポノポノ―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑳

ホオポノポノ―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑳

こんにちは。大野事務所の今泉です。このコラムも20回を迎えました。

 

前回は、コンフリクトの解決モードと題して①強制、②服従、③回避、④妥協、⑤協調の5つについて「二重関心モデル」にそって説明しました。中でも⑤協調のモードが「双方の立場を尊重し、協力しながら事態解決」する点で目指すべき在り方ということにはなるのですが、それぞれの態度(モード)にはそれぞれの特徴があり、関係性に応じて優先させるべきものがある、という内容でした。

 

そこで、栄えある第20回目のコラムでは、この協調モードについての詳細を説明・・・と思ったのですが、閑話休題。

タイトルの内容について触れようと思います。

 

この言葉、なんのこっちゃ?と思う方もいればご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ご存知の方の多くは、心のセルフクリーニングに関するものとして理解されているかもしれません。
ですが、ここではその源流(諸説あるのかもしれませんが)となる「ハワイ諸島などポリネシア地域で行われていた伝統的な平和的問題解決方法」という意味における「ホオポノポノ」について書いていきたいと思います。

 

「ホオ」というのは「~させる」、「ポノ」というのは「良い、とか元の状態」という意味なのだそうです。ですので、「元の良い状態に戻させる」というのがこの言葉のそもそもの意味合いということになるでしょう。

平たくいえば、人々の間で何かもめごとが起きたときに、仲直りをするための話し合いのやり方、ということになります。

例えば、、、

あるコミュニティでAさんとBさんとの間で畑の境界に関する問題が発生しました。

 

ほっとくと大ゲンカになる、ということで、コミュニティ員たちはホオポノポノの集会を開くことにしました。
ケンカしているAさんBさんはもちろん、家族や近所の人たち、子どもから老人までも集まって、輪になって座りホオポノポノが始まります。
コミュニティの長老はまず、Aさん、Bさんそれぞれから「何があったのか」を説明するよう求めます。

 

すると、Aさんは「BさんがAさんの畑を勝手に耕した」と言い出します。

一方、Bさんは「Aさんの土地の土砂が先の大雨でBさんの畑に大量に流れこんできたので作物が台無しになった、どけるようにAさんに言っても、無視された。」と言いました。

 

こういったケースに対して、子どもから老人まで集まったすべての人が、自分はどう思うか、どんな結果を望んでいるかを正直に率直な意見を述べます。
全員がそれを述べたあと、仲裁者である長老は皆の意見をまとめて結論を出します。
ひとりでも反対すれば、最初からやり直し・・・。

ときには長い時間をかけて、じっくりとみんなで問題解決に至るまで突き詰めるわけです。

 

結局、「今回のケースではAさんの土砂の放置、Bさんの勝手な耕作、双方に落ち度がある。」ということで全員が賛成したとすれば、AさんBさん双方が謝ります。水に流す、ということですね。
そして、このようなことが次も発生しないようにするにはどうすればよいか、これまた皆で話し合います。再発防止策ですね。

その結果、長老から「先の大雨の被害はコミュニティの問題と捉え、大きな土砂崩れが起きた場合にはコミュニティ全員で協力して修理する」との結論が出され、皆がそれに合意したとすれば、これにてホオポノポノは終了。

その後、みんなでご馳走を食べて解散、とのことだそうです。

 

少しこのコラムのテーマに寄せてみます。
権威のある長老が仲裁者ということで「調停」的な解決方法といえますが、その調停案自体、参加者の全員ブレーン・ストーミングしながら調停案を考える、というところが特徴的であり、最終的には皆が納得できる結論を導き出す、というwin-winな解決がもたらされます。
日本でもかつての寄合や町内会などこれに近いものはありそうです。

 

確かに、時間に追われる現代から見れば牧歌的に映るかもしれませんし、少々面倒にも思えるのですが、現代の我々にとっても示唆に富んだ大事な要素を含むものではないかな、とも思えます。

 

ちなみに、ハワイに行きたいなぁ、と夢想しながら在宅勤務をしつつ、今回のテーマを思いついた訳ではありませんので、悪しからず。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

渋谷第1事業部 事業部長/ 執行役員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2022.08.05 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【企業に求められている労働時間の把握・管理方法とは】
2022.08.03 大野事務所コラム
ホオポノポノ―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑳
2022.08.02 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【退職者やフリーランスに対する競業制限の限界】
2022.07.27 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第10回)
2022.07.26 これまでの情報配信メール
男女間賃金差異の情報公表、副業・兼業ガイライン改定
2022.07.20 大野事務所コラム
育児介護休業規程は必要か?
2022.07.13 大野事務所コラム
男女間の賃金差異の開示義務化
2022.07.11 これまでの情報配信メール
今後施行される人事労務に関する法改正情報等
2022.07.06 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第9回)
2022.06.29 大野事務所コラム
妊娠・出産・育児休業等を理由とする「不利益取扱い」と「ハラスメント」の違い
2022.06.27 これまでの情報配信メール
外国人労働者問題啓発月間・令和4年度の算定基礎届の記入方法等について
2022.06.22 大野事務所コラム
人材版伊藤レポート(2.0)
2022.06.15 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第8回)
2022.06.13 これまでの情報配信メール
月60時間を超える時間外労働にかかる割増賃金率の引き上げおよび労働基準関係法令違反に係る公表事案
2022.06.08 大野事務所コラム
コンフリクトの解決モード―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑲
2022.06.01 大野事務所コラム
社会保険の適用拡大について
2022.05.26 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【今国会で成立した労働関係法案】
2022.05.26 これまでの情報配信メール
「シフト制」労働者の雇用管理に関するリーフレット
2022.05.25 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第7回)
2022.05.20 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【内定取消しの法的性質と有効性】
2022.05.18 大野事務所コラム
「育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A」が公開されました
2022.05.11 大野事務所コラム
パート有期法第13条・第14条への対応は出来ていますか
2022.05.11 これまでの情報配信メール
育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A
2022.04.27 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第6回)
2022.04.26 これまでの情報配信メール
労働保険の年度更新および「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」について
2022.04.22 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【同一労働同一賃金とは】
2022.04.20 大野事務所コラム
「多様化する労働契約のルールに関する検討会報告書」が公表されました
2022.04.13 大野事務所コラム
オレンジゲーム―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑱
2022.04.12 これまでの情報配信メール
育児・介護休業法関連の資料および令和4年度の雇用保険料率の変更について
2022.04.06 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第5回)
2022.04.01 法改正情報
法改正情報(2022年1月1日以降施行)
2022.03.30 大野事務所コラム
大企業、中小企業の定義について
2022.03.28 これまでの情報配信メール
女性活躍推進法の改正および年金手帳の新規交付の終了について
2022.03.25 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(下・社会保険関係編)】
2022.03.23 大野事務所コラム
新しい育児休業制度と改正法施行日との関係
2022.03.18 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【副業・兼業への企業対応】
2022.03.16 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第4回)
2022.03.11 これまでの情報配信メール
各保険における令和4年度の保険料率の変更について
2022.03.10 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(上・労働関係編)】
2022.03.09 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop