TOP大野事務所コラムシリーズ 経営労務とコンプライアンス(第7回)

シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第7回)

本コラムは、当事務所の代表社員である大野が、2012年に労働新聞に連載寄稿した記事をベースに同社の了解を得て転載するものです。なお、今回の転載にあたり、必要に応じ適宜原文の加筆・修正を行っております。

 

〇人材マネジメントの視点

 

1.要員管理の視点

採用から、入社、配属、人材育成、退職に至るまでの時系列プロセスで、まさに人材戦略のベースとなる視点である。保有人材を棚卸して、人材データベースの構築と積極的な活用が欠かせない。

ポイントは人材のデータベースであり、企業ステージにマッチした最適人材を把握し活用するために欠かせない。必要な能力を持った人材の把握がすべての前提になる。内部に適切な人材が見当たらない場合には、時間をかけて内部育成するか外部調達するかを考えなければならない。当然のことのようだが、意外にこの基本が整備されていないことが多い。

 

2.就業条件管理の視点

就業時間や賃金・福利厚生などの就業条件管理は、従業員の労働条件を直接規律するもので、法的にも強く規制されており、日常業務ではもっとも重要な人材マネジメントである。

ポイントは、時短勤務、有期契約社員など雇用形態に柔軟性を持たせ、労働環境の変化に対応できることだ。在宅勤務・サテライトオフィスなど就業形態の多様化を含め、大規模災害やパンデミックなどBCP(事業の継続性)への対応だけでなく、語学教育や留学などグローバル環境への自主的取組への支援も欠かせない。人材は育てると同時に育つものでもある。

 

3.人間関係管理の視点

モチベーションの維持・向上など、職場の人間関係について、仕事の改善提案制度、従業員の相談窓口などを組織に組み込む視点が重要になる。

ポイントは、目標管理制度を活用したコミュニケーションの促進、ブラザー・メンター制度などの導入で協働意識を高め孤立感・疎外感を取り除くことや、企業風土診断や従業員意識調査で課題・問題点の早期発見に役立てることである。発見が早ければ、解決も早いものである。

 

4.組織管理の視点

経営の基本的機能である「営業」「管理」「製造」などへ、いかに人的資源を配分していくか、そのために、より具体的に組織構造や運営方法をどうするのかなどの組織編成からの視点である。

ポイントは、要員管理で述べた人材のデータベースを基に、人材ポ-トフォリオ(ゼネラリスト・スペシャリスト、総合職・一般職・専任職等区分)を作成して人材を洗い出し、現状を認識したうえで、経営上必要となる人材のタイプ分け、組合せの最適化を模索・実現することにつきる。マネジメント層の組織運営能力の開発に、この作業を並行して行わせることで、実践的人材配置技能の習得として活用することもできる。

 

5.人件費管理の視点

売上、付加価値のうち人材への配分割合や方法をどうするかという、人件費配分の仕組みに関する視点である。賃金制度は人材マネジメントの扇の要である。

ポイントは、過去の経営指標と人件費を分析し中長期的経営展望に連動した適正な人件費計画を立案することである。テクニカルには、業績に連動した賃金・賞与制度の導入など人件費への変動費部分の設定、退職金への確定拠出年金制度導入による長期的な人件費の固定費化リスクを避けることなども重要である。いずれにせよ可能な人件費総額の大枠を把握しない人材マネジメントは空論となる。

 

以下に、従業員数、平均賃金、付加価値率、労働分配率から必要売上高の簡易な算出方法を確認しておく。これらの数値は、既存企業であれば過去の実績から、また新規事業などでは統計数値の使用や望ましい数値を想定するなどして作成できる。現状の従業員数から、必要な売上高を把握しておくことは会社の現実の全体像を知るうえで大変有効である。

 

従業員数100人、1人年平均人件費600万円、付加価値率20%、労働分配率60%の場合の必要売上高を算出する(付加価値率=付加価値÷売上高)。

 

 ①人件費=従業員数×1人平均人件費=100人×600万円=6億円

 ②労働分配率=人件費÷付加価値⇒人件費=付加価値×労働分配率

  ※付加価値=人件費÷労働分配率=6億円÷60%=10億円

 ③必要売上高=付加価値÷付加価値率=10億円÷20%=50億円

 

従って、この会社(付加価値率20%)の場合、平均人件費年600万円の従業員を100人雇用するには、50億円の売上を確保する必要がある。なお、人件費が仮に給与水準の1.2倍ならば、この企業の給与水準は、年500万円(=600万円÷1.2)となる。

 

6.労使関係管理の視点

労働組合等との適切な意思疎通や望ましい企業風土の醸成などを通じて、労使関係を管理していく視点である。人材戦略には集団的労働力の効果的な活用が欠かせない。

ポイントは、労使協議会を常設するなどオープンな労使関係を形成することであり、社員のライフプラン支援、意見交換会・懇親会等の実施で企業へのロイヤルティを高める施策を含めて、良好な労使関係を構築・持続する努力に尽きる。この関係は一朝一夕にできるものではなく、誠意をもって地道な協議を積み重ねる以外にない。

 

これまで述べた6つの視点は、会社の成長に応じた組織運用に適用できる。

 

以上

 

※次回(第8回)掲載日は、615日を予定しております。

過去のニュース

ニュースリリース

2022.08.05 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【企業に求められている労働時間の把握・管理方法とは】
2022.08.03 大野事務所コラム
ホオポノポノ―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑳
2022.08.02 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【退職者やフリーランスに対する競業制限の限界】
2022.07.27 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第10回)
2022.07.26 これまでの情報配信メール
男女間賃金差異の情報公表、副業・兼業ガイライン改定
2022.07.20 大野事務所コラム
育児介護休業規程は必要か?
2022.07.13 大野事務所コラム
男女間の賃金差異の開示義務化
2022.07.11 これまでの情報配信メール
今後施行される人事労務に関する法改正情報等
2022.07.06 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第9回)
2022.06.29 大野事務所コラム
妊娠・出産・育児休業等を理由とする「不利益取扱い」と「ハラスメント」の違い
2022.06.27 これまでの情報配信メール
外国人労働者問題啓発月間・令和4年度の算定基礎届の記入方法等について
2022.06.22 大野事務所コラム
人材版伊藤レポート(2.0)
2022.06.15 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第8回)
2022.06.13 これまでの情報配信メール
月60時間を超える時間外労働にかかる割増賃金率の引き上げおよび労働基準関係法令違反に係る公表事案
2022.06.08 大野事務所コラム
コンフリクトの解決モード―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑲
2022.06.01 大野事務所コラム
社会保険の適用拡大について
2022.05.26 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【今国会で成立した労働関係法案】
2022.05.26 これまでの情報配信メール
「シフト制」労働者の雇用管理に関するリーフレット
2022.05.25 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第7回)
2022.05.20 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【内定取消しの法的性質と有効性】
2022.05.18 大野事務所コラム
「育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A」が公開されました
2022.05.11 大野事務所コラム
パート有期法第13条・第14条への対応は出来ていますか
2022.05.11 これまでの情報配信メール
育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A
2022.04.27 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第6回)
2022.04.26 これまでの情報配信メール
労働保険の年度更新および「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」について
2022.04.22 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【同一労働同一賃金とは】
2022.04.20 大野事務所コラム
「多様化する労働契約のルールに関する検討会報告書」が公表されました
2022.04.13 大野事務所コラム
オレンジゲーム―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑱
2022.04.12 これまでの情報配信メール
育児・介護休業法関連の資料および令和4年度の雇用保険料率の変更について
2022.04.06 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第5回)
2022.04.01 法改正情報
法改正情報(2022年1月1日以降施行)
2022.03.30 大野事務所コラム
大企業、中小企業の定義について
2022.03.28 これまでの情報配信メール
女性活躍推進法の改正および年金手帳の新規交付の終了について
2022.03.25 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(下・社会保険関係編)】
2022.03.23 大野事務所コラム
新しい育児休業制度と改正法施行日との関係
2022.03.18 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【副業・兼業への企業対応】
2022.03.16 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第4回)
2022.03.11 これまでの情報配信メール
各保険における令和4年度の保険料率の変更について
2022.03.10 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(上・労働関係編)】
2022.03.09 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop