TOP大野事務所コラム協調から協働へ―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉕

協調から協働へ―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉕

こんにちは。大野事務所の今泉です。

春爛漫ですね。暖かくなりました。

 

さて、これまでコンフリクトの発生原因、コンフリクトが発生したときの解決モード、特に相手をリスペクトし、よりよいソリューションを築き上げる建設的な対話を目指す協調モードについて説明してきました。そして、前向きな意見対立が起こる、ということは活発に意見が交換されているということもでき、様々なアイディアや主張が出されているということでもあるため、このような意見対立が発生する組織は、むしろ健全な組織であるということもできるのではないか、と提起してきました。

 

さて、ここで活発な意見が交わされる中、協調モードによって解決策を打ち立てることができた!めでたしめでたし・・・というわけにはいかないですよね。

というのは、これまでのお話は解決策をいかに「Win-Win」なものとするかに焦点を当ててきましたが、この後は実際に策定された解決策を実行していく必要があります。当たり前のことですが、実行に移せなければ、物事は解決しません。

 

コンフリクトは、11あるいは組織対組織のように2項対立がベースとなりますが、当事者間で解決策を実行することができる場合には、もちろん問題ありません。ただ、当事者間のみでは実行できない場合も多くあることでしょう。

 

例えば、Aさんが年次有給休暇を取得する予定の日に、緊急で業務が発生したとB部長から連絡が入ったとき、もちろんAさん自ら年休を取り消す(服従)、時季変更権を行使する(強制、ただし、現実的には行使するのはハードルが高いですね。)等方法はあるにせよ、代わりの人材であるCさんにお願いする、という方法が思い浮かびます。

 

このとき、CさんがOKを出してくれれば何事もなく解決することが予想されます。

つまり、解決案の実行にあたっても、当事者はもちろんのこと第三者やチームメンバーも含め、お互いに協力して課題に取り組んでいく、という姿勢が望ましいものであることは論を待たないと思います。このことをここでは「協働」する、といいたいと思います。

 

実際に協調モードと協働は重なる部分も多いかもしれませんが、「協働」というと地方行政・地方自治というイメージを持たれるかもしれません。「事業者及び各種団体との協働によるまちづくり」などはよく使われるフレーズでしょう。

 

このような協働できるための要素としては、次のようなものがあると考えます。

 

 

① 解決策に合意できる

 

そもそも納得し、合意できるような解決策でなくては第三者、チームメンバーの力を借りることは難しいでしょう。この場面ではコンフリクト・マネジメントのスキルが活かされるところです。

 

② 利他的思考を持てる

 

利他的思考とは「社会通念に照らして、困っている状況にあると判断される他者を援助する行動で、自分の利益を主な目的としない行動」をとる思考で、自分の利益よりも他人の利益を優先する考え方」とされます。

 

③ 自分事として捉えられる

 

いわゆる当事者意識というものです。常に責任感を持って対応し、率先して仕事にコミットする姿勢であり、「親身になって」ともよくいわれます。

 

④ 対話ができる

 

対話については、本コラム4に掲載しました。

 

実行というフェーズにおいて、「解決案は作ったから後はよろしくね!」というのではせっかくの意見交換によって育まれた協調的なものが水泡に帰す可能性もあります。非常にもったいない、残念な結果に終わることも考えられます。ときには周りを巻き込まないと有益な解決に導けないケースもあるでしょう。

 

そのような場合には協調から協働へシフトチェンジして事に当たる、ということはとても大事なアクションだと思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。次回からは、また新たな話題に移りたいと思います。

 

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

パートナー社員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.07.19 これまでの情報配信メール
仕事と介護の両立支援に向けた経営者向けガイドライン
2024.07.17 大野事務所コラム
通勤災害における通勤とは①
2024.07.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【振替休日と割増賃金】
2024.07.10 大野事務所コラム
これまでの(兼務)出向に関するコラムのご紹介
2024.07.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【歩合給に対しても割増賃金は必要か?】
2024.07.03 大野事務所コラム
CHANGE!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉞
2024.06.26 大野事務所コラム
出生時育児休業による社会保険料免除は1ヶ月分?2ヶ月分?
2024.06.19 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応(規程・労使協定編)
2024.06.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【社員への貸付金や立替金を給与で相殺できるか】
2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop