TOP大野事務所コラム消去⇒バースト!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉙

消去⇒バースト!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉙

こんにちは。大野事務所の今泉です。空が高くなりましたね。

 

さて、前回は話が逸れましたが、前々回まで「よい行動をもっとさせるには」あるいは「よくない行動をやめさせるには」ということについて、「強化」と「弱化」のお話をしてきました。ですが、なぜこのようなお話をしてきたか、ということにこれまで触れていませんでした。

 

その理由としては、こういった行動に対する一定の傾向を知っていると、マネジメント、特に人事労務関連のマネジメントに効果的だと思ったからです。例えば、とあるプロジェクトで大きな貢献をした者に対して高い評価をつければもっとやる気が出るでしょうし、会社にとってデメリットがあることを行った者に嫌なことが起これば、その行動をしなくなる、といったことです。もちろん、ことはそう単純ではありませんが、日頃のマネジメントにおいて、ヒントとなるような考え方であることは事実だと思います。

ここで強化と弱化について、まとめると次のような表が出来上がります。

 

起こる

なくなる

良いこと

強化

弱化

嫌なこと

弱化

強化

 

さて、もう一つ、「強化」と「弱化」以外に「行動をした直後に、何も変わらないとその行動をしなくなる。」という原理があります。これを消去といいますが、例えば、知り合いがこちらに気付いていない状況で挨拶をしたとすれば、これまでは気付いてくれていたのに、今回は挨拶をしても気付いてくれなかった(無視された)として、これが続くと挨拶をしなくなっていきます。つまりは、このようなことです。

ちなみに、消去の例をChat GPTで生成してみると、、、

ペットのしつけ:

ペットのしつけにおいても、消去の概念が適用されます。例えば、犬がテーブルに飛び上がって食事をねだる行動を考えてみましょう。以前は家族が食べ物を与えたため、この行動が強化されました。しかし、家族が食事中に犬に食べ物を与えないようにし、その行動に対する報酬を削除すると、犬の行動は減少するでしょう。

というものが出てきました。賢いですね。。。

さて、消去について、これまでと同様に図示すると次のようになります。

 

ところで、挨拶の件にしろ、ペットのしつけにしろ、たった1回このようなことが発生したからといって、次回からすぐに挨拶しなくなるとか、食事をねだらなくなる、というわけではありません。次回は大声で挨拶してみるとか、何回か声かけてみるとか、食事をしつこくねだるようになるとか、そういった行動をとるのが自然ですよね。

つまり、「消去」が行われ始めると、一時的に行動がエスカレーションすることになります。これを消去バーストといいます。消去バーストも様々な場面で起こり得るもので、身近なところでいえば「自動販売機のボタンを押しても缶コーヒーが出てこなかった場合、何度も何度もボタンを押してみる。」「ボールペンで字を書いていたが、途中からインクが出なくなったので、グルグルとペンを動かしてみる。」といったものもそうだとされます。

これもChat GPTで生成してみたところ、、、

:

具体的な例として、子供がデパートでおもちゃをねだる行動を考えてみましょう。以前は親がおもちゃを購入して子供に与えていた場合、おもちゃをねだる行動が強化されていました。しかし、ある日のこと、親がおもちゃを買わずに通り過ぎることに決めた場合、子供は最初はより頻繁におもちゃをねだるかもしれません。しかし、親が一貫しておもちゃを買わないことで、子供のおもちゃをねだる行動は減少するでしょう。

ということです。凄いですね。。。

 

消去は「その行動をしなくなる」というところから弱化と同じ効果となりますが、嫌なことが起こるわけではなく、行動に伴って何も起こらないところが異なるところです。

また、注意しなければならないことは、消去バーストが起こったときにそれに対して反応してしまったりすると、さらに強化されてしまって、行動をやめるどころか、その行動をやり続けることになってしまう、というところです。上記の例でいえば、ねだる子供に親が反応しておもちゃを買ってあげてしまうと、「ねだればおもちゃを買ってもらえる」と学習しますので、その行動をやり続ける結果となってしまうことになります。

 

逆に、スポーツや仕事などで今まで上手くいっていた方法が通用しなくなったとき、再び上手くいきたい、成功したいと思うので試行錯誤したり、ガムシャラになったりして課題に取り組み、克服したいと考えます。

 

これを言い換えると、今まで上手くいっていた(強化通用しなくなった(消去試行錯誤やガムシャラ(消去バーストとなります。

 

そうだとすると、我々は、消去バーストを繰り返し、課題を克服していくことによって成長していく、ということができそうですね。

 

ここで重要なのは、それまでに強化があった、つまり成功体験を積んでいた、ということで、これがなければ単に無謀な挑戦になってしまうということです。成功したという経験があるからこそ、さらに頑張れる、というわけです。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

パートナー社員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop