TOP大野事務所コラムそもそも行動とは??―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉚

そもそも行動とは??―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉚

こんにちは。大野事務所の今泉です。師走ですね。

 

さて、これまで望ましい行動を増やし望ましくない行動を減らす方法として、強化、弱化、消去というものを説明してきましたが、そもそも行動とはどういったものを指すのでしょうか。行動の定義ですね。

言葉の意味としては、振る舞い、活動といったものになるでしょう。しかしながら、強化されたり弱化されたり、はたまた消去される対象としての行動、といったときには、まず次のような2つのテストをクリアしなければならない、とされます。

 

最初が「死人テスト」といわれるものです。

ちょっと物騒な言葉ですが、人や動物の行動について、何が行動で何が行動ではないかの見極めるに際して、「死人にできることは行動ではない」と定義します。

より具体的には、次のようなものとなります。

 

死人にできること

例 (動きのないもの)

受け身

~される

褒められる、怒られる、話しかけられる、触られる、、、

状態

~している

座っている、寝ている、手に持っている、じっとしている、、、

否定形

~しない

歩かない、しゃべらない、食べない、書かない、、、

 

これらは行動ではない、ということになりますね。一方で、行動に該当するもの例えば、、、

歩く、話す、書く、立ち上がる、といったものです。もちろん、死人にはできないことになります。

 

つまり、「行動はなんでしょう?」と問われたときに死人テストをしてみて、「〜しない」とか「〜される」とか「〜している」という表現になっているなら、それは行動でないということになります。言い換えれば、死人テストをしたときに「死人にはできない」となるものはすべて行動であると考えられるわけです。

 

次に、「具体性テスト」です。「ビデオクリップ法」などとも呼ばれます。

問題の解決のためには行動をできるだけ具体的に定義する必要がありますが、対象となる行動が決まらなければ効果的な行動改善ができません。よくいわれる例では「試験勉強をする」というのは、具体的ではないとされます。何をどの程度勉強したのか分からないからです。教科書を読んだのか、計算問題を解いたのか、漢字を練習するのかという具体性に欠けるというわけです。

 

また、「清潔にする」「ダイエットする」というのも具体的ではないとされます。具体的なのは、例えば「トイレの後で、手を洗う」「半年後に5㎏、体重を落とす」といったものになるでしょう。「試験勉強をする」ではなくて、「漢字練習を50題解く」となります

 

つまり、ビデオでその場を撮影して誰でもそれと分かるかどうかで判断するというものです。

 

このように、「死人テスト」と「具体性テスト」の両方をクリアしたものを、ここでは行動と呼ぶことになります。

そして、ここでいう行動は大きく二つに分かれるとされています。

① オペラント行動

 

② レスポンデント行動

 

まず、オペラント行動とは、自発的に行う行為のことをいいます。行動という言葉のイメージどおりかと思います。

 

もう1つのレスポンデント行動とは、特定の刺激に誘発される自動的な反応、反射等が該当します。パブロフの犬が有名でしょうか。

 

今までお話ししてきた、強化、弱化、消去の対象となる行動は「オペラント行動」ということになります。そして、当たり前のことですが、行動の原因は行動の後にあることになります。例えば、自動販売機で缶コーヒーを買う、という行動は缶コーヒーが飲みたいという原因があるので、自動販売機にICカードをかざすという行動になる、ということです。

 

来年からは、これらの概念の実践的な使途についてお話していきたいな、と思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。 

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

渋谷第1事業部 事業部長/ パートナー社員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
2024.01.19 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈前編〉】
2024.01.17 大野事務所コラム
労働保険の対象となる賃金を考える
2024.01.10 大野事務所コラム
なぜ学ぶのか?
2023.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop