TOP大野事務所コラム大企業、中小企業の定義について

大企業、中小企業の定義について

こんにちは。大野事務所の高田です。

 

1.中小企業への適用猶予措置について

 

法改正の施行期日に関して、昨今では、中小企業に対して適用猶予期間が設けられるケースがしばしば見受けられます。私が記憶している範囲での一番古いものが、労働基準法第37条(1ヶ月の時間外労働が60時間を超えた場合の割増率を50%に引き上げ。大企業は2010年4月から、中小企業は2023年4月から。)の例ですが、労働基準法関連では、最近でも、第36条の時間外労働の上限規制(原則として月45時間、年360時間以内。特別条項によって延長する場合は、月100時間未満、複数月平均80時間、年720時間以内。)が、大企業は2019年4月、中小企業は2020年4月と、2段階の施行方式が取られました。この他記憶に新しいところでは、パート・有期雇用労働法における同一労働同一賃金対応が、大企業が2020年4月、中小企業が2021年4月と、やはり2段階の施行となりました。そして直近のものとしては、労働施策総合推進法におけるパワーハラスメント防止対策措置の義務化が、大企業は2020年6月から、中小企業は今年2022年4月からと、やはり2段階の施行となったところです。

 

なお、企業規模に応じた適用猶予ということでは、他にも様々な法律において段階的施行措置が講じられています。たとえば、少し古いところでは、2010年6月の育児介護休業法の改正では、一部の改正事項(所定外労働の免除制度、介護休暇の新設等)について常時労働者が100人以下の企業は2012年7月の施行とされましたし、社会保険の短時間労働者への適用拡大においても、被保険者数が501人以上の企業は2016年10月から、101人以上500人以下の企業は2022年10月から、51人以上100人以下の企業は2024年10月からといった具合に、3段階の施行措置が講じられているところです。この他、次世代育成支援対策推進法や女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・届出の義務化についても、当初は301人以上の企業が対象となり、その後一定期間を経て101人以上の企業にまで範囲を拡大するといった措置が講じられました。

 

2.法律によって「大企業」「中小企業」の概念は異なる

 

さて、ここで、最初の段落で挙げた労働基準法、パート・有期雇用労働法および労働施策総合推進法でいうところの「大企業」「中小企業」の概念と、2つめの段落で挙げた育児介護休業法、社会保険の適用拡大、次世代育成支援対策推進法や女性活躍推進法の企業規模の区分とでは、大きな違いがあることにお気付きでしょうか?それは、前者の方は、企業の「労働者数」のみならず「業種」や「資本金」といった要素も併せて複合的に「大企業」か「中小企業」かを判断するのに対して、後者の方はあくまでも労働者数や被保険者数といった「人数」のみに着目しているという点です。当然のことながら、前者の方が判断要素が複雑である分、判断を見誤りやすいといえます。自社の現状をきちんと把握しないままに、漠然と中小企業だと思い込んでいたところが実は大企業だったということになると、法改正の適用時期を誤ることになるため、場合によっては深刻な法違反の状態になりかねません(たとえば、60時間超の時間外労働に対する割増率の規定においても、50%の割増賃金を支払わなければならないところを依然25%のままで支払っているなど)。

 

3.労働基準法等における「大企業」「中小企業」の判断基準について

 

この「大企業」か「中小企業」かを判断するための基準が、下表1、2になります。最終的には、下表1において「業種」「資本金額」「労働者数」の3つの要素から大企業か中小企業かが決まるのですが、下表1に当てはめる前に、まずは下表2において、自社の業種が、小売業、サービス業、卸売業、その他(製造業、建設業、運輸業、その他)の4つのうちいずれに該当するのか見ておかなければなりません。下表2の大分類、中分類、小分類は日本標準産業分類に基づく分類であり、大分類を特定すれば自ずと業種が決まるものもあれば、小分類まで特定しないと業種の判断ができないものもあります。製造業、建設業、運輸業の3つは、大分類を特定する必要さえなく、自動的に「その他」になります。この「業種」の特定においてもっとも誤認しやすいのが、「サービス業」と「その他」の区分です。

 

この誤認の原因の1つとして、労災保険の料率を決定するための事業細目上の区分と混同している例が挙げられます。この事業細目上の区分と日本標準産業分類上の分類はまったくの別物ですので、労災保険では「その他の各種事業」に当たる企業でも、別表1、2の区分では「サービス業」に当たるケースが多くあります(弊事務所もその例に当てはまります)。もし、本来「サービス業」に該当する企業が「その他」の区分であると誤認していた場合、「資本金額」と「労働者数」の条件においては「その他」の方が中小企業の範囲が広く設定されていることから、「サービス業」に当てはめた途端に大企業になるといったパターンも想定されます。ですので、このパターンに該当しそうな業種、規模の企業様は、特にご注意頂きたいと思います。

 

「資本金額」と「労働者数」については、いずれかが中小企業の基準を満たしている場合には中小企業となります。私の顧問先様で、親会社と子会社ともに業種としてはサービス業で、労働者数は親会社が100人強、子会社が800人強と子会社の方が人数規模は圧倒的に大きいのですが、資本金は親会社が1億円、子会社が5,000万円であるため、親会社は大企業、子会社は中小企業に当たるという例があります。また、別の顧問先様で、業種が小売業で労働者数が1,000人強といういわゆる大会社なのですが、資本金が5,000万円であるため、この区分では中小企業に当たるという例もあります。これらの例のように、下表1、2に照らしてみた結果、その会社に対して漠然と抱いている「大企業」「中小企業」のイメージとは異なる区分に該当する例も意外に多くありますので、この記事をお読みになられて不安を感じられたご担当者様は、自社の区分について一度きちんと確認してみることをお勧めいたします。

執筆者:高田

高田 弘人

高田 弘人 特定社会保険労務士

幕張第2事業部 事業部長/パートナー社員

岐阜県出身。一橋大学経済学部卒業。
大野事務所に入所するまでの約10年間、民間企業の人事労務部門に勤務していました。そのときの経験を基に、企業の人事労務担当者の目線で物事を考えることを大切にしています。クライアントが何を望み、何をお求めになっているのかを常に考え、ご満足いただけるサービスをご提供できる社労士でありたいと思っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
2024.01.19 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈前編〉】
2024.01.17 大野事務所コラム
労働保険の対象となる賃金を考える
2024.01.10 大野事務所コラム
なぜ学ぶのか?
2023.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop