TOP大野事務所コラムフリーランス(個人事業主)の労働者性

フリーランス(個人事業主)の労働者性

パートナー社員の野田です。今回は、フリーランスの労働者性について考察します。

 

数年前より、働き方改革の選択肢の一つとしてフリーランス(個人事業主)が注目を浴びておりますが、今回のコロナ禍においてもフリーランスに対する生活保障が問題となりました。また、ニュース等でタニタ社員の個人事業主制度が話題となったことも記憶に新しく使用者としては興味深いところです。

私もフリーランス契約(業務委託契約)に関するご相談をお受けすることがありますが、正直なところ、これまでは労基法第9条(労働者性)との関係であまりお勧めできないものとして回答してきました。というのも、フリーランス契約の対象とされている方のほとんどが、ご相談企業の現役労働者や退職者(定年退職者を含む)であり、新たにフリーランス(個人事業主)を迎い入れようというものではありません。そこで、フリーランス契約をご検討されている企業様に導入理由を聞いてみると、「社会保険料を削減したい」、「業績不振や成績不良の場合に解除できる」、「60歳以上の労働者が年金を減額されたくないため社会保険に加入したくないと言っている」など、脱法的なもの、将来トラブルに発展しそうなものなど様々です。

実態としても、企業が指揮命令のうえ当該指揮のもと、決められた場所、決められた時間に業務を行うという点で労働者と何ら変わりがなく契約形態が異なるだけであることから、このような状況下で労働者性を主張された場合、企業に勝ち目はありません。

以上を理解したうえで、タニタ社の個人事業主制度がどのように運用されているのかを見ていきます。報道等で確認できる範囲のものではありますが、タニタ社においては以下のようです。

 

・退職後3年間はタニタの仕事を補償する(契約期間は3年ごと)

・社員時代の給与・賞与をベースに「基本報酬」を決める

   基本報酬には、社員時代に会社が負担していた社会保険料や通勤交通費、福利厚生費を含む

・就業時間に縛られることはなく、出退勤を自由に決められる

・基本業務に収まらない仕事は追加業務とし、成果に応じて別途報酬を受け取れる

・タニタ以外の仕事を請け負うことを自由とする

 

概要は以上のようですが、労働者との違いを明確にすることが肝要です。

また、上記以外の要素として「希望者のみ」としている点は評価できるのではないでしょうか。当事者間で真の合意形成がなされていなければ当該制度は成り立ちませんし、継続できませんので、会社が当該契約を強制しないことは非常に大きな意味合いがあると考えますが、事業者性(労働者非該当)について簡単に結論を出せないことに変わりはありません。近いうちにフリーランスの適正活用に向けたガイドラインが出されるようですので、その内容を注視したいと思います。

因みに、コロナ禍においてフリーランスが業務を遂行できない場合のタニタ社の生活保障はどうなっているのでしょうか。コロナ禍でのフリーランスの無収入問題等が取り上げられていましたが、報道を見ていても民間保険(失業保険に代わるもの)に加入している方はほとんど居ないようで、結局のところ給付金頼みという印象が否めません。労働者が雇用保険に加入して保険料を納付しているのに対し、フリーランスが保険料を納めることなく給付が受けられるというのは解せませんので、これを機にフリーランスについても労災保険や雇用保険を強制適用とすることも一案です。

 

コロナ禍で改めて感じたのは、災害時等では通常の保障制度だけではどうにもならず、特別会計において何らかの救済がされるということです。雇用調整助成金の上限日額8,330円が15,000円に変更したこと一つを取っても、もはや雇用保険制度では賄え切れず特別措置によるものですので、これからは512日のコラムでも取り上げましたベーシックインカムという考え方が良いのかもしれません。

 

執筆者:野田

野田 好伸

野田 好伸 特定社会保険労務士

パートナー社員

コンサルタントになりたいという漠然とした想いがありましたが、大学で法律を専攻していたこともあり、士業に興味を持ち始めました。学生時代のバイト先からご紹介頂いた縁で社労士事務所に就職し、今に至っています。
現在はアドバイザーとして活動しておりますが、法律や制度解説に留まるのではなく、自身の見解をしっかりと伝えられる相談役であることを心掛け、日々の業務に励んでおります。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2022.08.05 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【企業に求められている労働時間の把握・管理方法とは】
2022.08.03 大野事務所コラム
ホオポノポノ―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑳
2022.08.02 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【退職者やフリーランスに対する競業制限の限界】
2022.07.27 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第10回)
2022.07.26 これまでの情報配信メール
男女間賃金差異の情報公表、副業・兼業ガイライン改定
2022.07.20 大野事務所コラム
育児介護休業規程は必要か?
2022.07.13 大野事務所コラム
男女間の賃金差異の開示義務化
2022.07.11 これまでの情報配信メール
今後施行される人事労務に関する法改正情報等
2022.07.06 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第9回)
2022.06.29 大野事務所コラム
妊娠・出産・育児休業等を理由とする「不利益取扱い」と「ハラスメント」の違い
2022.06.27 これまでの情報配信メール
外国人労働者問題啓発月間・令和4年度の算定基礎届の記入方法等について
2022.06.22 大野事務所コラム
人材版伊藤レポート(2.0)
2022.06.15 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第8回)
2022.06.13 これまでの情報配信メール
月60時間を超える時間外労働にかかる割増賃金率の引き上げおよび労働基準関係法令違反に係る公表事案
2022.06.08 大野事務所コラム
コンフリクトの解決モード―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑲
2022.06.01 大野事務所コラム
社会保険の適用拡大について
2022.05.26 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【今国会で成立した労働関係法案】
2022.05.26 これまでの情報配信メール
「シフト制」労働者の雇用管理に関するリーフレット
2022.05.25 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第7回)
2022.05.20 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【内定取消しの法的性質と有効性】
2022.05.18 大野事務所コラム
「育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A」が公開されました
2022.05.11 大野事務所コラム
パート有期法第13条・第14条への対応は出来ていますか
2022.05.11 これまでの情報配信メール
育児休業等中の保険料の免除要件の見直しに関するQ&A
2022.04.27 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第6回)
2022.04.26 これまでの情報配信メール
労働保険の年度更新および「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」について
2022.04.22 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【同一労働同一賃金とは】
2022.04.20 大野事務所コラム
「多様化する労働契約のルールに関する検討会報告書」が公表されました
2022.04.13 大野事務所コラム
オレンジゲーム―「人と人との関係性」から人事労務を考える⑱
2022.04.12 これまでの情報配信メール
育児・介護休業法関連の資料および令和4年度の雇用保険料率の変更について
2022.04.06 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第5回)
2022.04.01 法改正情報
法改正情報(2022年1月1日以降施行)
2022.03.30 大野事務所コラム
大企業、中小企業の定義について
2022.03.28 これまでの情報配信メール
女性活躍推進法の改正および年金手帳の新規交付の終了について
2022.03.25 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(下・社会保険関係編)】
2022.03.23 大野事務所コラム
新しい育児休業制度と改正法施行日との関係
2022.03.18 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【副業・兼業への企業対応】
2022.03.16 大野事務所コラム
シリーズ 経営労務とコンプライアンス(第4回)
2022.03.11 これまでの情報配信メール
各保険における令和4年度の保険料率の変更について
2022.03.10 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【令和4年度施行 労働関係・社会保険改正のチェックポイント(上・労働関係編)】
2022.03.09 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop