TOP大野事務所コラムコロナ禍で考える「災害時等休業給付金(仮称)」

コロナ禍で考える「災害時等休業給付金(仮称)」

こんにちは、大野事務所パートナー社員の野田です。

先週はベーシックインカムについて取り上げましたが、今回は「災害時等休業給付金(仮称)」について考えたいと思います。

 

コロナ対応における事業主への助成金制度として雇用調整助成金や持続化給付金がありますが、雇用調整助成金については、手続きの煩雑さや分かり難さから複数回に渡り簡素化され、また特例措置が設けられております。それにもかかわらず、助成金が支給されるまでに手間や時間が掛かることから、いまだに当該制度に対する否定的な声が聞こえてきます。

 

今回のコロナ対応でもそうですが、私が日頃から思うのは、国の事業主に対する要求が多すぎるということです。非常事態にあっても事業主(企業)任せにし過ぎていると感じます。

事業主にとって給与の支払いは大きな問題でありますが、それ以外にも家賃や在庫問題など、事業を継続するうえでやらなければならないことは山ほどあるため、このような時こそ事業主の負担を軽くすべきではないでしょうか。

 

先週あたりから政府も検討を始めたようですが、休業中の労働者に雇用保険の失業給付制度を適用する動きがあり、あまり認知されておりませんが「災害時における求職者給付の支給に関する特例措置」というものです。

この特例措置の目的は、災害によりその雇用される事業所が休業することとなったため、一時的な離職を余儀なくされた方に雇用保険失業給付の基本手当を支給することにより、生活の安定を図ろうとするものであり、地震・豪雨・台風などの影響により休業を余儀なくされた場合に適用されています。

 

■厚生労働省HP:災害時における雇用保険の特例措置等について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000134526_00001.html

 

コロナ禍においても、飲食業、小売・卸売業、接客・サービス業など、行政からの自粛要請によって一定期間休業や営業自粛を余儀なくされた事業主に対し、災害時同様に当該特例措置を適用して、休業者が直接申請できるというものですが、当該制度を利用するためには休業手当の支払い問題をクリアにする必要があります。

 

休業となると労基法第26条の休業手当の問題が絡んでくる訳ですが、感染症拡大防止に伴う自粛要請休業については「事業主都合による休業にはあたらない」として早々に判断できなければ、当該給付制度を活用することが出来ません。

今回のコロナ禍では、自粛要請に応じて休業した場合でも多くの企業が休業手当を支給(休業補償)したうえで助成金申請を行っていますので、第2波、第3波が来ることを想定し今後、当該制度を適用する方向にあるのであれば、行政にはこのあたりの考え方や取扱い基準について明確にしてもらいたいものです。

 

仮に当該特例が適用された場合、申請者が一度に職安窓口に駆け込み、行政崩壊が発生することが懸念されます。また当該給付金を申請するうえでは、休業直前までの賃金登録が必要となりますが、デジタル・トランスフォーメーション(DX)の社会が進み、前年度の収入や所得は勿論のこと、前月までの月次給与額や賞与額などがタイムリーに登録されるような行政システム環境が整えば、このような非常事態においても面倒な手続きから解放され国民の利便性が格段に高まるのではないかと考えます。

セキュアで使い勝手の良いデジタル社会の早期実現を願うばかりです。

 

執筆者:野田(5月19日作成)

過去のニュース

ニュースリリース

2020.10.12 ニュース
【急募!!】リクルート情報
2020.10.28 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える⑤
2020.10.26 ニュース
依頼原稿につき省略事業承継 補助金で600社支援――中企庁・令和3年度事業
2020.10.19 ニュース
60歳台前半の賃金底上げ――厚労省3年度
2020.10.12 ニュース
ウィズ・コロナ時代 業種・地域超え再就職促進――厚労省・令和3年度
2020.10.19 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【試用期間中に業務上災害で休業した場合、休業補償のための平均賃金の算定はどう行えばよいか】
2020.10.20 ニュース
秋季大野事務所定例セミナーを開催しました
2020.10.21 大野事務所コラム
「社会保険料を削減する」方法・手口について
2020.10.14 大野事務所コラム
高年齢者雇用安定法の改正
2020.10.07 大野事務所コラム
勤怠管理コンサルタントという専門職
2020.09.30 大野事務所コラム
フレックスタイム制において月途中の入社等があった際の総労働時間と法定労働時間の考え方は?
2020.09.23 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える④
2020.09.14 ニュース
長時間労働が疑われる事業場への令和元年度監督指導結果について
2020.09.16 大野事務所コラム
副業・兼業者の労働時間通算は可能か?
2020.09.09 大野事務所コラム
専属産業医の「専属」とは
2020.09.02 大野事務所コラム
フリーランス(個人事業主)の労働者性
2020.08.26 大野事務所コラム
休業発生時のフレックスタイム制における総労働時間・時間外労働手当の考え方は?
2020.08.19 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える③
2020.08.12 大野事務所コラム
「事業場外労働の労働時間みなし」を行うには就業規則の定めが必要か?
2020.08.04 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.29【厚生年金保険の標準報酬月額の上限が改定される予定です】
2020.08.05 大野事務所コラム
時間外労働の上限規制
2020.07.31 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.15【新型コロナの影響に伴う休業により報酬が下がった場合の標準報酬月額の特例改定について】
2020.07.30 法改正情報
法改正情報(2020年6月1日以降施行)
2020.07.29 大野事務所コラム
「給与ファクタリング」と「給与前払いサービス」の違い
2020.07.29 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.3【雇用調整助成金の改正点について】
2020.07.22 大野事務所コラム
平均賃金の算定は難しい!?②
2020.07.15 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【標準報酬月額アップを抑えるため、現物給与価額の改定に合わせて食事代を値上げしても問題ないか】
2020.07.15 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える②
2020.07.09 大野事務所コラム
育児短時間勤務時の給与の減額方法について
2020.07.01 大野事務所コラム
社会保険(健康保険、厚生年金保険)における報酬と賞与
2020.06.25 ニュース
東京労働局管内における令和元年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果について
2020.06.24 大野事務所コラム
テレワークと事業場外労働(みなし労働)
2020.06.17 大野事務所コラム
平均賃金の算定は難しい!?①
2020.06.10 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える①
2020.06.03 大野事務所コラム
育児休業終了時月変は奥が深い
2020.05.29 ニュース
新型コロナ対応に伴う在宅勤務および電話対応について
2020.05.27 大野事務所コラム
伝えるということ、そして私たちの役割
2020.05.21 法改正情報
法改正情報(2020年4月1日施行)
2020.05.21 ニュース
『労政時報』に寄稿しました
2020.05.14 法改正情報
法改正情報(第201回通常国会)
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop