TOP大野事務所コラム就業規則の日本語表記を考える

就業規則の日本語表記を考える

代表社員の野田です。

 

外資系企業より「就業規則を全面英語版にしても良いか、日本語版を廃止してもよいか」といったご質問を頂きました。当該企業のご担当者としても、それは流石に無理だろうという感想でしたが、海外本社から「日本語版を作成しなければならない法的根拠があるのか」という質問を受け私の方に確認がありましたので、今回はこちらについて触れます。

 

労働基準法第9章(第89条~第93条)に就業規則という章がありますが、条文を確認しても日本語という文言は見当たりません。労働基準法関連の通達や告示も確認してみましたが、就業規則に関する日本語表記の記載は見当たりません。

労働基準法含め、日本国における全ての法律が日本語表記となっていますので、憲法や民法で日本語について触れているものがあるか確認してみましたが、どうやら該当するものは無さそうです。色々と探してみると、参議院法制局のHPで日本語について触れているページ「法律の窓、法律と国語・日本語」がありましたので紹介します。

 

こちらのページによれば、日本語表記について触れている法律はなく、日本では普遍的に日本語が使用されていることから、当然に日本語を使用しているのではないか!ということです。島国である日本は多民族国家ではなく、植民地となった歴史もないことから、日本語・国語を公用語として用いることに疑問を持たずに来ていますが、多言語圏の方々からすると日本語・標準語のみという方に違和感を覚えるのかもしれません。

更にこのページでは、「裁判所では日本語を用いる」(裁判所法(昭和22年法律第59号)第74条)という規定があるから、裁判所では日本語しか使用することができないことを紹介しています。

 

法律と国語・日本語|参議院法制局 (sangiin.go.jp)

 

質問に戻りますが、法令上日本語について言及しておらず、裁判のように日本語に限定していないとすれば、英語表記でも違法とは言えません。ただし、労基法や育介法など日本語で規定されている法令があり、これを受けて就業規則・諸規程を整備するものとなるので、日本語を無視して規定化することはできません。最近では厚生労働省のHPでも外国語版のモデル就業規則が公開されていますが、日本語版を翻訳したものでしょうから「日本語⇒外国語」という作業が発生します。そうすると表向きは外国語版であっても、その裏には日本語版が存在しているものと思われます。

 

外国人だけが所属する日本法人等で、日本語版は読みにくい、理解しにくい状況であれば、外国語版を作成し周知するだけで事足りることも事実ですが、労働条件の周知・説明という点では、外資系企業のように英語ができる日本人社員がほとんどとは言え、日本語の方が分かり易い表現やニュアンスがあれば日本語版を作成し公開すべきではないでしょうか。

 

なお、弊所では就業規則の英語翻訳を専門家に依頼していますが、その方曰く、育児介護休業規程は本当に厄介とのことです。私も実感していますが、制度が細かく複雑であり、また日本語の法令自体がくどい表現となっていることから難解な規定が多いところ、これを分かり易い英語表記にしようとすると、内容として不十分であったり、制度と異なるものになってしまったりと、翻訳家泣かせと言えます。

 

外国人採用が進むなか、個別の労働条件通知書については一定の母国語対応が可能でしょうが、就業規則・諸規程に関しては、複数の言語対応は容易ではなく限界があります。とはいえ、このような問題もAI言語により、あっという間に解決するのかもしれません。

 

以上となります。

 

執筆者:野田

野田 好伸

野田 好伸 特定社会保険労務士

代表社員

コンサルタントになりたいという漠然とした想いがありましたが、大学で法律を専攻していたこともあり、士業に興味を持ち始めました。学生時代のバイト先からご紹介頂いた縁で社労士事務所に就職し、今に至っています。
現在はアドバイザーとして活動しておりますが、法律や制度解説に留まるのではなく、自身の見解をしっかりと伝えられる相談役であることを心掛け、日々の業務に励んでおります。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.07.19 これまでの情報配信メール
仕事と介護の両立支援に向けた経営者向けガイドライン
2024.07.17 大野事務所コラム
通勤災害における通勤とは①
2024.07.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【振替休日と割増賃金】
2024.07.10 大野事務所コラム
これまでの(兼務)出向に関するコラムのご紹介
2024.07.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【歩合給に対しても割増賃金は必要か?】
2024.07.03 大野事務所コラム
CHANGE!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉞
2024.06.26 大野事務所コラム
出生時育児休業による社会保険料免除は1ヶ月分?2ヶ月分?
2024.06.19 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応(規程・労使協定編)
2024.06.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【社員への貸付金や立替金を給与で相殺できるか】
2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop