TOP大野事務所コラム人材版伊藤レポート(2.0)

人材版伊藤レポート(2.0)

こんにちは、大野事務所の土岐です。

 

すっきりしない空模様の日が続いていますね。

 

さて、本日は経済産業省が取りまとめた「人材版伊藤レポート(2.0)」を採り上げたいと思います。

経済産業省では、持続的な企業価値の向上に向けて経営戦略と連動した人材戦略をどう実践するかといった点をまとめた「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会報告書~人材版伊藤レポート~(以下、レポート)」を20209月に公表しました(座長:伊藤邦雄氏、一橋大学CFO教育センター長)。

 

この中で「人材戦略に求められる3つの視点と5つの共通要素」として提唱されている「3P5Fモデル(【図】参照)」に関して、「実践事例集」を追加する形でまとめた「人的資本経営の実現に向けた検討会報告書~人材版伊藤レポート2.0~(以下、レポート2.0)」が今年5月に公表されています(3P5Fモデルの詳細は各レポートの本文をご参照いただきたいと思います)。

 

【図】

【出典】 経済産業省 人材版伊藤レポート2.0

 

レポート2.0では狙いとして次の点を挙げ、「本報告書(筆者注、レポート2.0)をアイディアの引き出しとし、経営陣が人的資本経営へと向かう変革を主導していくことが期待される」と述べています。

 

・レポートが示した内容を更に深掘り・高度化し、特に「3つの視点・5つの共通要素」という枠組みに基づいて、それぞれの視点や共通要素を人的資本経営で具体化させようとする際に、実行に移すべき取組、およびその取組を進める上でのポイントや有効となる工夫を示すものであること

・「人的資本」の重要性を認識するとともに、人的資本経営という変革を、どう具体化し、実践に移していくかを主眼とし、それに有用となるアイディアを提示するものであること

・全ての項目にチェックリスト的に取り組むことを求めるものではなく、事業内容や置かれた環境によって、有効な打ち手は異なること

 

このレポート2.0では経営戦略と人材戦略を連動させるための各取組みについて「概要」、「重要性」および「取組みを進める上で有効な工夫」が実例を踏まえて紹介されています。大部分はCEOCHRO(最高人事・人材責任者)に関して触れられており、その役割をどのように担い、推進するのかといったものとなっていますので内容的には簡単なものではないのかもしれません。

 

ただ、人事等の実務担当者やその他の従業員の視点からも参考になる部分があると思います。特に「リスキル・学び直し」や「時間や場所にとらわれない働き方」に関しては最近目にすることの多いワードではないでしょうか。この点に関してレポート2.0が述べている内容を以下に紹介します。

 

 

6.リスキル・学び直しのための取組1)組織として不足しているスキル・専門性の特定」の項に関しては、従業員側も自身が不足しているスキルや強化すべき専門性を明確化することで、より効果が得られるでしょう。さらに「(3)リスキルと処遇や報酬の連動」の項にありますように、キャリアプランや報酬等の処遇に反映されることで、リスキル・学び直しに意欲的に取り組めるようになるのではないでしょうか。

当たり前と言われればそれまでなのかもしれませんが、実践するのはなかなか難しいと思います。会社と従業員のそれぞれが行動に移せるかどうかがカギとなりそうです。

 

その他にも、「なるほど」と思う点が皆さんそれぞれあるのではないかと思います。各レポートで述べられている先進的な取組をしている会社がどのような考え方に基づき行動しているか、どのような人材を求めているか、その人材にどうあってほしいか(その会社の従業員としてどのようなことを意識して行動すると良いか)などの具体的なイメージが浮かびやすいのではないかと筆者は考えた次第です。

 

近頃は労働社会保険諸法令に関するご相談の他にも、人事施策などに関するご相談も増えてきているように個人的には思います。このような考え方の概論や実例を交えた資料にも目を通し、頭の中を整理しておくことで、いざご相談があった際にはご提案・アドバイスができるよう活かしたいものです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<参考URL

■経済産業省 「人材版伊藤レポート2.0」を取りまとめました

https://www.meti.go.jp/press/2022/05/20220513001/20220513001.html

■経済産業省 人的資本経営 ~人材の価値を最大限に引き出す~

https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinteki_shihon/index.html

 

執筆者:土岐

土岐 紀文

土岐 紀文 特定社会保険労務士

第3事業部 部長

23歳のときに地元千葉の社労士事務所にて社労士業務の基礎を学び、その後大野事務所に入所しまして10数年になります。

現在はアドバイザリー業務を軸に、手続きおよび給与計算業務にも従事しています。お客様のご相談には法令等の解釈を踏まえたうえで、お客様それぞれに合った適切な運用ができるようなアドバイスを常に心がけております。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop