TOP大野事務所コラム住宅手当は割増賃金の算定基礎に含めなくてよいのか?

住宅手当は割増賃金の算定基礎に含めなくてよいのか?

こんにちは。大野事務所の高田です。

 

1.割増賃金の算定基礎から除外する賃金は7つ

 

残業代等の割増賃金の算定基礎から除外する賃金は、労働基準法第37条第5項および同法施行規則第21条に定められています。具体的には、①家族手当、②通勤手当、③別居手当、④子女教育手当、⑤住宅手当、⑥臨時に支払われた賃金、⑦1か月を超える期間ごとに支払われる賃金の計7つです。私が試験勉強を始めた頃は「勝つべしリーチ」という語呂合わせで覚えたものですが、平成11年に住宅手当が加わったことで、今では「勝つべし住宅リーチ」と覚えるのだそうです。

 

2.住宅手当はすべて除外できるわけではない

 

それはさておき、この住宅手当については、何でもかんでも「算定基礎から除外できる」と理解してしまうと、非常に危険です。なぜなら、住宅手当のうち算定基礎から除外されるものの範囲には定めがあり、この範囲に含まれない住宅手当については算定基礎に含める必要があるからです。この点については、平成11年の通達(平成11.3.31基発第170号)において、以下のように示されています。(スペースの関係で要約します。)

 


■時間外割増賃金の算定基礎から除外される「住宅手当」の具体的な範囲
①住宅に要する費用に応じて算定される手当であること
②費用に応じた算定とは、「費用に定率を乗じるもの」や「費用を段階的に区分し、費用の増加に応じて額が増加するもの」をいうこと
③住宅以外の費用に応じて算定されるもの、住宅の費用以外の要素によって算定されるもの、一律定額の手当は本条の住宅手当に当たらないこと


 

3.算定基礎から除外できる住宅手当の考察

 

つまり、家賃の何%といった定率方式か、家賃の額を数段階に区分けして各々の支給額を定める段階方式か、いずれかであれば算定基礎に含めなくてよいという結論になります。ところが、色々な会社の給与規程を見てみると、表の右側の住宅手当を支給している例が意外に多いと感じます。特に多いのは、世帯主か非世帯主かで金額を設定している例や居住地域ごとに金額を設定している例です。これらはいずれも算定基礎に含めなければならないわけですが、実際には含めずに計算している例を結構見かけます。

 

さて、以上のようなことを会社さんへお伝えすると、たいていの担当者様は「手当の算定方法を改めなければならないことは分かったが、手間は増やしたくない。」とおっしゃいます。確かに、たとえば家賃の30%といった定率方式を採れば各人ごとに住宅手当の額を算定しなければなりませんし、それよりは手間の少ない段階方式を採ったとしても、数段階に細かく分けるとそれなりの手間がかかります。

 

そこで、とある担当者様は考えました。定率方式を採るものの、支給上限額を設定することによって、結果的に一律金額に落ち着くようにすればよいのではないかということです。具体的には、「住宅手当は家賃の80%の額とする。ただし、支給上限額は3万円とする。」といったルールです。この方式だと、一旦は個別に家賃の80%の額が導かれるものの、結果的にほぼ全員が支給上限額の適用を受けて3万円になるという算段です。

 

また、別の会社の担当者様は次のようなアイデアを思い付きました。こちらは段階方式を採るのですが、「家賃が30万円以下の者の住宅手当は3万円。30万円超の者は5万円とする。」といったルールです。こうすれば、家賃が30万円超の該当者は殆どいませんので、結果的にほぼ全員が3万円になるという次第です。

 

これらの定めによる住宅手当が、上表の左側のもの、すなわち算定基礎に含めない住宅手当であると言い切れるのかどうかは、非常に判断が難しいと感じます。いずれの例も、住宅の費用に応じて算定しているのは事実ですが、結果的に一律額が適用されてしまうところが、いささか恣意的だとの印象が拭えません。そこで、両社の担当者様には、一律支給となるように狙ったものであると取られないようにするために、せめて最低でも2通りの額に自然な形で分散するように設計してはどうかとお伝えしたところです。

 

以上の2例は、残業代を低く抑えたいというよりは、住宅手当自体の算定の手間を減らしたいという意図からのご質問でしたが、世の中には悪知恵を働かせる会社もあるだろうと思います。と言いますのは、住宅手当の上限額について法令では何ら定めがないわけですので、基本給を低く、住宅手当を高く設定することによって、残業代を抑えることも不可能ではないということです。極端な話、月給30万円を支払うケースにおいて、基本給18万円、住宅手当12万円で構成したからといって、これが直ちに不当であるとする根拠はありません。ですが、もし本当に残業代を抑えるためにこのようなことをしたとすれば、従業員から快く思われないだろうとは思います。

 

以上、今回は住宅手当と割増賃金の算定基礎との関係について取り上げてみました。皆様の会社の住宅手当についても、正しく取り扱われているかどうか今一度ご確認頂ければ幸いです。

 

執筆者:高田

高田 弘人

高田 弘人 特定社会保険労務士

幕張第2事業部 事業部長/パートナー社員

岐阜県出身。一橋大学経済学部卒業。
大野事務所に入所するまでの約10年間、民間企業の人事労務部門に勤務していました。そのときの経験を基に、企業の人事労務担当者の目線で物事を考えることを大切にしています。クライアントが何を望み、何をお求めになっているのかを常に考え、ご満足いただけるサービスをご提供できる社労士でありたいと思っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
2024.01.19 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈前編〉】
2024.01.17 大野事務所コラム
労働保険の対象となる賃金を考える
2024.01.10 大野事務所コラム
なぜ学ぶのか?
2023.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop