TOP大野事務所コラムモチベーション・アップの盲点-「人と人との関係性」から人事労務を考える⑨

モチベーション・アップの盲点-「人と人との関係性」から人事労務を考える⑨

大野事務所の今泉です。今回からタイトルの付け方を変更してみました。いかがでしょうか?

 

さて、前回はモチベーション理論の古典である「マズローの欲求5段階説」と「ハーズバーグの二要因理論」について紹介させていただきました。我々は研究者ではなく実務家ですので、時として理論の学習を怠りがちですが、今回寄稿するにあたり、これらの理論を整理してみて改めて理論に学ぶ重要性を感じました。ちなみに、古典的理論には上記に加えて「マグレガーのXY理論」というものがありますが、これは後日お話しする機会があるでしょう。

 

ところで、モチベーションに関する考え方は何となく分かったとしても次のような疑問が湧き上がります。例えば、、、

「本当にみんながみんな自己実現に向かって進んでいくものだろうか?」

とか、

「お金のみが目的の人だっているのではないだろうか?そういう人にモチベーション向上は望めないのだろうか?」

など。

 

現在では前回紹介した古典的理論を、ときには批判的に克服することで、モチベーションにまつわる様々な課題に対し多様な理論づけが試みられているといえます。ただ、そもそもの話として次のようなことが言えはしないでしょうか。

 

モチベーションが上がったからといって、会社の業績が上がるのか?

 

確かに、社員にはやる気を出してもらいたいですよね。しかし、そのやる気が業務に対するパフォーマンス向上につながるかといえば、必ずしもそうとはいえないと思います。自分の昇進のため同僚を蹴落とし、職場環境を悪化させ、ひいては組織全体のパフォーマンス低下を招く、といった例が簡単に思いつくのではないでしょうか。

 

このようなことが起こる理由は、モチベーションというものが個人にスポットを当てたものだからといえます。つまり、極論すれば自分さえ良ければそれでOKという方向に進んでしまうおそれがあるということになります。そうだとすると、モチベーションの向上を組織パフォーマンス向上に関連付ける取り組みが必要となってきます。もちろん、このことに関しては、様々な概念や手法が提唱されていますが、ここでは会社などの組織と個人との結びつきを意味する「エンゲージメント」について考えてみたいと思います。

 

エンゲージメントは「約束」とか「婚約」といった意味が基本的なものですが、人事労務管理におけるエンゲージメントとは、個人と会社等の組織が互いの成長に貢献し合う関係のことをいう「従業員エンゲージメント」と、仕事に関連するポジティブで充実した心理状態であり、活力、熱意、没頭によって特徴づけられるワーク・エンゲージメント」の二つがあります。

 

今回からは前者の「従業員エンゲージメント」について触れますが、「モチベーション」が個人を中心とした概念であるのに対し、「従業員エンゲージメント」は会社等の組織と個人との双方向の関与を基礎としている点で異なることとなります。また、いわゆる忠誠心ともいえる「ロイヤルティ」とも異なるところとなります。さらに、処遇や職場環境に対する会社の取り組みを評価する「従業員満足度」とも異なります。

「従業員エンゲージメント」は会社等の組織と個人とがお互いに関与しながら、結びつきを強めていく、という点にその特徴があると書きましたが、“エンゲージメントが高い”という場合には、例えば会社でいえば職場環境や労働条件に満足しているだけでなく、仕事に情熱、意欲を持ち、「この会社と共に成長し、発展していくために頑張ろう」というマインドセットになります。

 

では、これを高めるためにはどうすればよいか。

 

ここで重要となるのは「従業員エンゲージメント」が双方向の関与を基礎としている以上、組織側と個人側それぞれもしくは双方に求められることがある、ということです。

 

まず、「信頼感」だと思います。これは会社等の組織側に求められるものとなりますが、個人の側から見たときに信頼できない組織との結びつきは期待できません。ですので、組織としては、個人の信頼を獲得し、これを裏切らないような姿勢・取り組みが重要となってくるでしょう。

 

次に、やはり「コミュニケーション」だと思います。これまでコミュニケーションについて数回にわたりお伝えしてきましたが、ここでも重要なファクターになり得るものでしょう。個人側に求められるのは、円滑なコミュニケーションを個人個人が考え実行していく、ということでしょうし、組織側ではそれを可能にする環境の整備が必要となってきます。

 

さらに、「理念やビジョンの共有」ができることだと思います。

組織の理念・ビジョンや企業文化の重要性を理解させ、浸透が図れなければ、「この組織と共に成長し、発展していくために頑張ろう」というようにはならないでしょう。

以上は未だ抽象的な域を出ない内容でしたが、次回からはより具体的に「従業員エンゲージメント」を高める環境づくりに有効と考えるファクターについて、キーワードを通してお伝えしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆者:今泉

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

パートナー社員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop