TOP大野事務所コラム平均賃金の算定は難しい!?②

平均賃金の算定は難しい!?②

こんにちは。大野事務所の土岐です。

今回の私のコラムは、前回に引き続き、平均賃金の話です。

 

前回は、新型コロナの影響により休業を余儀なくされたお客様から、労基法第26条に定める休業手当の支払いに際し、その手当額の計算の基となる平均賃金の算定にあたって、これまで(私にとって)相談がありそうでなかった事例について述べました。

今回は、次の2つの事例を紹介します。

 

  • ●雇い入れが3箇月未満の場合

労基法第12条第6項では、雇い入れ後の期間から算定事由発生日までの期間で算定することが定められています。この場合でも、賃金の締切日がある場合は、直前の賃金締切日から起算して雇い入れ日までの期間により計算します(昭和23422日基収1065号)。

ただし、直前の賃金締切日から起算すると、一賃金締切期間に満たなくなる(1箇月を下らない期間となる)場合は、賃金締切日ではなく、事由の発生日から計算を行なうこととする、とされています(昭27.4.21 基収第1371号)。

以下URLのリーフレットの4ページでは、具体例が記載されていますので、詳細はこちらを参照いただきたいと思います。

■滋賀労働局 休業手当の計算について

https://jsite.mhlw.go.jp/shiga-roudoukyoku/content/contents/000651773.pdf

 

細かいところなのですが、このようにケースによって計算方法が異なることが通達で示されていますので、実務面においてはいずれのケースに該当するのか注意が必要です。

 

  • ●雇い入れ当日に休業が発生した場合

労基法第12条第8項では、「第1項乃至第6項によつて算定し得ない場合の平均賃金は、厚生労働大臣の定めるところによる。」とされており、この点について労基法施行規則第4条後段では、「雇入れの日に平均賃金を算定すべき事由の発生した場合の平均賃金は、都道府県労働局長の定めるところによる」とされています。

さらに通達では、「当該労働者に対し一定額の賃金があらかじめ定められている場合にはその額により推算し、未定の場合は、その日に当該事業場において、同一業務に従事した労働者の1人平均の賃金額により推算すること」とされています(昭22.9.13発基17号)。

 

「推算すること」、これには困ってしまいました。具体的な算定方法が条文から読み取れないだけでなく、通達等でも確認できなかったのです。

何か参考となるものがないかと思い、事務所内の書棚のとある書籍を確認してみると、そこには雇い入れ当日の平均賃金の算定について、このような記載がありました。

 

『一定額の賃金が月額で定められている場合:(月額×3)÷雇い入れ当日前の3箇月間の暦日数』

 

ただ、書籍にも通達等の根拠は示されていなかったので、行政に電話で確認したところ、回答は「たしかに書籍に記載のとおりです」というものでした。また、「通達等により明文化されたものはなく、行政内部の取扱いである」ということでした。

 

これには本当に驚きました。社会保険(健康保険および厚生年金保険)では、手続き等に関して実務上の取扱いが判然とせずに悩むことが多々あり、その場合には「疑義照会」と呼ばれる年金機構内部の取扱いをまとめたものを参照することがあります(年金機構のホームページから参照可能です。ただし、非公開となっているものも多数あります)。まさか労基法に関しても、通達等に明文化されたものではなく、非公開の内部取扱いのものがあるとは思いもよりませんでした。

 

2回にわたってお伝えしました平均賃金に関する話、いかがでしたでしょうか。

平均賃金の原則の算定方法は理解しやすい一方、例外のケースとなると、労基法の条文、施行規則および通達を読み解く必要が出てきます。普段からこれらに精通していない限り、読み解くのはなかなか困難なのではないでしょうか。

 

最近、厚生労働省では労基法等の法改正の際に、改正内容に関する疑問点をあらかじめまとめ、Q&Aとして作成・公開していることが多く見受けられます。今回の新型コロナの影響により、行政には雇用調整助成金等の関係もあり、休業手当と平均賃金に関する質問が多く寄せられたことと思われます。そこで、これまで行政に多く寄せられた平均賃金の算定に関する質問をQ&Aとして公表する、あるいは平均賃金の算定が簡易となるような仕組みを構築するなど、実務対応面の負担が軽減できると良いのではないかと、今回の相談を受けて考えた次第です。

 

今回のコラムは以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

執筆者:土岐

過去のニュース

ニュースリリース

2021.01.26 ニュース
モデル規程(育児・介護休業等に関する規程)を改定しました
2021.01.26 これまでの情報配信メール
傷病手当金の支給期間・育児休業中の社会保険料免除の見直し案
2021.01.27 大野事務所コラム
再休職後の休職期間の上限をどのように考えるか?
2021.01.20 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える⑦
2021.01.18 これまでの情報配信メール
副業・兼業に関するガイドラインのパンフレットが公開されています
2021.01.13 大野事務所コラム
在宅勤務手当の考え方
2021.01.06 ニュース
書籍を刊行しました
2020.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
2020.12.23 大野事務所コラム
「労働者協同組合」という働き方
2020.12.16 大野事務所コラム
確定拠出年金制度のいま!
2020.12.15 ニュース
監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成31年度・令和元年度)について
2020.12.09 大野事務所コラム
子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得に関し、1日の取得上限回数を定めることは問題ないか?
2020.12.02 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える⑥
2020.12.02 ニュース
リクルート情報
2020.11.25 大野事務所コラム
厚生年金保険の資格喪失手続きの遅滞にご注意を
2020.11.18 大野事務所コラム
健康診断の実施
2020.11.17 これまでの情報配信メール
育介法改正、高年齢者雇用安定法改正
2020.11.11 大野事務所コラム
副業・兼業の届出はどこまで必要か
2020.11.04 大野事務所コラム
支給額、控除額および差引支給額が0円の給与支給明細書の作成・交付は必要か?
2020.10.28 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える⑤
2020.10.21 大野事務所コラム
「社会保険料を削減する」方法・手口について
2020.10.20 ニュース
秋季大野事務所定例セミナーを開催しました
2020.10.14 大野事務所コラム
高年齢者雇用安定法の改正
2020.10.19 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【試用期間中に業務上災害で休業した場合、休業補償のための平均賃金の算定はどう行えばよいか】
2020.10.07 大野事務所コラム
勤怠管理コンサルタントという専門職
2020.09.30 大野事務所コラム
フレックスタイム制において月途中の入社等があった際の総労働時間と法定労働時間の考え方は?
2020.09.23 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える④
2020.09.16 大野事務所コラム
副業・兼業者の労働時間通算は可能か?
2020.09.09 大野事務所コラム
専属産業医の「専属」とは
2020.09.02 大野事務所コラム
フリーランス(個人事業主)の労働者性
2020.08.26 大野事務所コラム
休業発生時のフレックスタイム制における総労働時間・時間外労働手当の考え方は?
2020.08.19 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える③
2020.08.12 大野事務所コラム
「事業場外労働の労働時間みなし」を行うには就業規則の定めが必要か?
2020.08.04 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.29【厚生年金保険の標準報酬月額の上限が改定される予定です】
2020.08.05 大野事務所コラム
時間外労働の上限規制
2020.07.31 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.15【新型コロナの影響に伴う休業により報酬が下がった場合の標準報酬月額の特例改定について】
2020.07.30 法改正情報
法改正情報(2020年6月1日以降施行)
2020.07.29 大野事務所コラム
「給与ファクタリング」と「給与前払いサービス」の違い
2020.07.29 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.3【雇用調整助成金の改正点について】
2020.07.22 大野事務所コラム
平均賃金の算定は難しい!?②
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop