TOP大野事務所コラム「人と人との関係性」から人事労務を考える②

「人と人との関係性」から人事労務を考える②

人事労務管理には様々な側面がありますが、法令に関することや規程や制度についてではなく「人と人との関係性」についてお伝えしていきたい、ということで、前回はコミュニケーション、もしくはその不全というキーワードを取っ掛かりにしてお話しさせていただきました。

 

今回もその続きで、健全なコミュニケーションを阻害するものの一つである、いわゆる「思い込み」のお話をしたいと思います。「(自分は)理解していると思い込む」、「(相手に)伝わったと思い込む」、「正しいと思い込む」、これらすべてコミュニケーション不全を引き起こす原因といえます。

ときには思い込みが予期せぬ成功をもたらすケースもあるでしょう。しかしながら、人事労務管理において「思い込み」は、コミュニケーションを構成する3要素である情報・伝達・共有のすべてに悪影響を及ぼします。思い込んでしまったら最後、それが正しいと信じ切っているわけですから、自分の考えに固執してしまうため矯正のしようがありません。ちなみに、思い込みから発生した考えを正しいと信じ切ってしまうのは、自ら検証する際に都合の良い事実だけで判断してしまうため、とされています。つまり先入観ですね。その例としてよく挙げられるのが血液型占いです。

 

A型は几帳面」とよく言われますが、仮に几帳面なXさんという人がいたとして、Xさんが自分の血液型を名乗った際、血液型占いを信じる人は次のように思うわけです。

  XさんがA型だった場合       → 「やっぱりA型は几帳面」

  XさんがB型もしくはO型だった場合 → 「(違う血液型なのに)A型っぽい」

  XさんがAB型だった場合      → 「(B型でなく)A型の傾向が強い」

O型なのに几帳面」のような都合の悪い情報は切り捨てて、「A型が几帳面」という都合の良い情報のみが強く残ります。

 

より人事労務管理的な話に近付けてみましょう。昨今話題のリファラル採用(社員や内定者もしくはその友人などから推薦・紹介してもらった人材を採用する手法)を例にとると、現在転職サイトやエージェントなどを活用する一般的な採用活動を行っている企業で働いている採用担当部門の社員が、リファラル採用を我が社でも導入するべきだ、と考えたとします。この場合、リファラル採用のメリットや、これを導入して成功している他社事例ばかりを注目してリファラル採用を導入すべきという自らの意見(持論)を強化してしまう、という可能性があります。本来であればリファラル採用のデメリットや失敗事例にも同じ様に注目し、双方を天秤にかけた上で判断すべきでしょう。ただ、なかなかそれは難しかったりしますよね。

 

さて、そのような「思い込み」ですが、ここで大事なポイントとなるのが、思い込むにはそれなりに理由がある、ということです。もちろん、個人個人の性格的なものもありますが、今回強調しておきたいのは、伝える側の情報の不足・不明確さとそれを受け取った側の誤解により「行き違い」が生じた場合です。つまり、伝える側は「このような言い方で分かるだろう。」「この程度の情報量で十分だろう。」という先入観に基づき不足・不明確な情報を与えてしまう。それを受け取った側は情報の不足・不明確な部分を補うために「きっとこういうことなんだな」と自らの解釈もしくは先入観で埋めてしまう。その結果、「受け手の解釈の部分」と「伝える側が本来伝えたかった部分」とが異なってしまう。つまり、全く異なった情報となってしまう。そのことにより双方の認識にギャップができる。結果として「行き違う」ということになります。

 

結局のところ、情報は受け手側のフィルターを通してしか理解されません。この受け手の解釈の余地をいかに少なくするかが情報を伝える際のポイントなのでしょう。まずは、「物事のとらえ方は人によって違うのが当然だ」、という前提に立ち、その上で誤解を与えないようにするため具体的に情報を伝える必要があります。さらにいえば、相手が理解しているか確認する作業ができると良いですよね。人は先入観を持つものであるし、思い込みもする、ということを知っておくだけでも伝え方に変化が現れると思います。相手が理解しているか、きちんと伝わったかを確認しないということは、「伝える」と「言う」を混同している、「言った」ことで「伝えた」と「思い込んでいる」のだといえるでしょう。ちなみに、「物事のとらえ方は人によって違うのが当然だ」という前提は、ダイバーシティに通ずるところもあります。

 

一方で受け手の方も「このようなことでいいのだろうか?」と疑問に感じたなら、その場で確認すれば問題はありませんでした。苦手と感じる人が相手だと、この作業を疎かにしがちかもしれませんが、このことは適正なコミュニケーションに不可欠であると思います。その場で確認するという習慣をつけておくべきなのでしょう。

 

自戒の念も込めた今回の話題は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

執筆者:今泉

過去のニュース

ニュースリリース

2021.01.26 ニュース
モデル規程(育児・介護休業等に関する規程)を改定しました
2021.01.26 これまでの情報配信メール
傷病手当金の支給期間・育児休業中の社会保険料免除の見直し案
2021.01.20 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える⑦
2021.01.18 これまでの情報配信メール
副業・兼業に関するガイドラインのパンフレットが公開されています
2021.01.13 大野事務所コラム
在宅勤務手当の考え方
2021.01.06 ニュース
書籍を刊行しました
2020.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
2020.12.23 大野事務所コラム
「労働者協同組合」という働き方
2020.12.16 大野事務所コラム
確定拠出年金制度のいま!
2020.12.15 ニュース
監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成31年度・令和元年度)について
2020.12.09 大野事務所コラム
子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得に関し、1日の取得上限回数を定めることは問題ないか?
2020.12.02 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える⑥
2020.12.02 ニュース
リクルート情報
2020.11.25 大野事務所コラム
厚生年金保険の資格喪失手続きの遅滞にご注意を
2020.11.18 大野事務所コラム
健康診断の実施
2020.11.17 これまでの情報配信メール
育介法改正、高年齢者雇用安定法改正
2020.11.11 大野事務所コラム
副業・兼業の届出はどこまで必要か
2020.11.04 大野事務所コラム
支給額、控除額および差引支給額が0円の給与支給明細書の作成・交付は必要か?
2020.10.28 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える⑤
2020.10.21 大野事務所コラム
「社会保険料を削減する」方法・手口について
2020.10.20 ニュース
秋季大野事務所定例セミナーを開催しました
2020.10.14 大野事務所コラム
高年齢者雇用安定法の改正
2020.10.19 ニュース
『労政時報』に寄稿しました【試用期間中に業務上災害で休業した場合、休業補償のための平均賃金の算定はどう行えばよいか】
2020.10.07 大野事務所コラム
勤怠管理コンサルタントという専門職
2020.09.30 大野事務所コラム
フレックスタイム制において月途中の入社等があった際の総労働時間と法定労働時間の考え方は?
2020.09.23 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える④
2020.09.16 大野事務所コラム
副業・兼業者の労働時間通算は可能か?
2020.09.09 大野事務所コラム
専属産業医の「専属」とは
2020.09.02 大野事務所コラム
フリーランス(個人事業主)の労働者性
2020.08.26 大野事務所コラム
休業発生時のフレックスタイム制における総労働時間・時間外労働手当の考え方は?
2020.08.19 大野事務所コラム
「人と人との関係性」から人事労務を考える③
2020.08.12 大野事務所コラム
「事業場外労働の労働時間みなし」を行うには就業規則の定めが必要か?
2020.08.04 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.29【厚生年金保険の標準報酬月額の上限が改定される予定です】
2020.08.05 大野事務所コラム
時間外労働の上限規制
2020.07.31 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.15【新型コロナの影響に伴う休業により報酬が下がった場合の標準報酬月額の特例改定について】
2020.07.30 法改正情報
法改正情報(2020年6月1日以降施行)
2020.07.29 大野事務所コラム
「給与ファクタリング」と「給与前払いサービス」の違い
2020.07.29 これまでの情報配信メール
大野事務所情報メール 2020.7.3【雇用調整助成金の改正点について】
2020.07.22 大野事務所コラム
平均賃金の算定は難しい!?②
2020.09.14 ニュース
長時間労働が疑われる事業場への令和元年度監督指導結果について
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop