TOP大野事務所コラムCHANGE!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉞

CHANGE!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉞

こんにちは。大野事務所の今泉です。

もうすぐオリンピックですね。

 

さて、これまで行動というものに着目し、いかにして望ましい行動をとってもらうのか、あるいは望ましくない行動をさせないのか、望ましい行動を循環させるにはどうすればよいか、という点を述べてきました。

 

これらは行動分析という概念で、ここでは研究により明らかとなっている成果の一部を展開してきました。もちろん、これが全てということではなく、行動分析はもっとより奥深い内容が含まれています。詳細は専門書をぜひご一読いただきたいのですが、ここで行動分析の特徴を表すならば、「人が行動する理由を明らかにすること」といえるのではないか、と考えています。

 

やらなければならないと思っていることができない、やってはいけないと分かっているのにやってしまう、そこには理由があり、それは客観的に解明できるものである、という思想が行動分析にはあります。

 

我々は普段、先入観(バイアス)をもって物事を見がちですが、これは非常にもったいないことですし、ときには誤った判断をもたらす厄介なものです。このことはこのコラムの最初の方で述べさせていただきましたが、一例をあげると、どことなくやる気がないように見える同僚に対して、「あの人はああいう性格だから」とか「怠け癖がある人だから」というように性格や人格で判断してしまうことはないでしょうか。

 

しかし、性格や人格で人を判断してしまうということは一定のバイアスがかかった見方であり、何をもってやる気がないと見えるのか、挨拶をしても無視されるからなのか、仕事のペースが遅いからなのか、会議で全く発言しないからなのか、その具体的な理由が分かりません。

 

つまり、「やる気がない」「覇気がない」あるいは「怠け癖がある」「暗い」といったものは単なるレッテルに過ぎず、これでは相手を理解したつもりにとどまってしまい、真に理解することが不可能となってしまいます。

 

また、このことは相手のみならず自分についても当てはまることであり、自分にレッテルを貼ることで安心しきってしまう、という状態に陥ることになります。気持ちを軽くすることはできるかもしれませんが、成長は止まります(気持ちを軽くすることも大事です。)。

 

このような事態を払拭するため、状態を行動に置き換えて考えてみる、というのが行動分析です。

これにより相手あるいは自分への理解に繋がるアクションを起こすことができるようにもなるでしょう。

 

行動分析の基本は以下のようなものでした。

 

 

起こる

なくなる

良いこと

強化

弱化

嫌なこと

弱化

強化

※ 行動直後に何も起こらない ⇒ 消去

 

そしてこれらを活かすテクニックとして、、、

 ・ シェイピング ・・・ 目標行動に向かって段階的に強化(弱化)する

 ・ チェイニング ・・・ 一連の行動を順番に強化していく

 ・ トークン   ・・・ 強化を効果的に行うための「もの」

 

を紹介しました。

このような手法はまだまだあるのですが、最後にかの有名は山本五十六の言葉について記したいと思います。

 

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ」

 

ご存知の方も多いかと思います。

 

この格言については、次のように考えることができるとされています。

 

 

結果に対して「好子出現の強化」をしているわけです。このように、いたるところに行動分析的な考え方は潜んでいます。

 

そして、その気になりさえすれば、「人は変わることができる」と思っています。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

今泉 叔徳

今泉 叔徳 特定社会保険労務士

パートナー社員

群馬県桐生市出身。東京都立大学法学部法律学科卒業。
人事労務関係の課題解決の糸口としてコミュニケーションや対話の充実があるのではないかと考え、これにまつわるテーマでコラムを書いてみようと思い立ちました。日頃の業務とはちょっと異なる分野の内容ですので、ぎこちない表現となってしまっていたりすることはご了承ください。
休日には地元の少年サッカーチームでコーチ(ボランティア)をやっていて、こども達との「コミュニケーション」を通じて、リフレッシュを図っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.07.19 これまでの情報配信メール
仕事と介護の両立支援に向けた経営者向けガイドライン
2024.07.17 大野事務所コラム
通勤災害における通勤とは①
2024.07.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【振替休日と割増賃金】
2024.07.10 大野事務所コラム
これまでの(兼務)出向に関するコラムのご紹介
2024.07.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【歩合給に対しても割増賃金は必要か?】
2024.07.03 大野事務所コラム
CHANGE!!―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉞
2024.06.26 大野事務所コラム
出生時育児休業による社会保険料免除は1ヶ月分?2ヶ月分?
2024.06.19 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応(規程・労使協定編)
2024.06.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【社員への貸付金や立替金を給与で相殺できるか】
2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop