TOP大野事務所コラムバトンタッチ

バトンタッチ

こんにちは、大野事務所の鈴木です。

本日は、組織におけるバトンについて考える機会がありましたので、お話させて頂きます。

 

1.ポケットモンスター

 

唐突ですが、ポケットモンスターをご存知でしょうか?1作目の発売から間もなく30周年を迎える、言わずと知れた任天堂の人気ゲームシリーズの一つです。私にとっては1作目の発売が小学1年生、2作目の発売が小学4年生にあたる年で、特に2作目である金・銀は前作からの期待感や雑誌・テレビでの宣伝も相まって友人の間で話題となり、クリスマスプレゼントのをすぐに開けて、夢中でプレイしたことを鮮明に覚えています。

 

ポケモンはゲームから始まり、アニメ・カードゲーム・物販等にコンテンツが拡充されていますが、ゲーム内の遊び方は2つに大別されます。一つは「集める」。ゲーム内で様々なポケモンを捕まえてポケモン図鑑を完成させることを目的としています。もう一つは「戦う」。捕まえたポケモンを育てて、ポケモン同士を戦わせて対戦相手に勝利することを目的としています。ここでいう対戦相手はソフト内のCPUに限られず、通信システムを使って同じソフトを持つポケモンプレイヤー同士が対戦できます。作数を重ねるごとに、ポケモンの追加、技の追加・調整、やりこみ要素の追加が行われており、1作目は151匹だったポケモンも、2作目で251匹に増え、今では総勢1000匹を超える種類のポケモンが存在するようです。当時とはコレクションのやりがいも苦労も、文字通り桁違いといえます。

 

ポケモン対戦はポケモン同士を戦わせるもので、ルールがあります。まず手持ちの6匹を見せ合って、その中から3匹を選び、技を駆使して先に相手の3匹を倒した方が勝利します。1匹のポケモンにつき、技は4つしか覚えることができません。また1匹のポケモンにつき、持ち物を1つ持たせることができます。これ以外にも特性、天候、確率、個体差といった要素が織り交ぜられており、6匹の見せ合いからどの3匹を選ぶのか、そのポケモンにどんな技を覚えさせて、どんな持ち物を持たせるのか?といった戦略が、対戦を複雑なものにしていきます。相手に勝利するという目的のため、相手を上回る戦略を立て、実行することが、ポケモン対戦の醍醐味ともいえます。

 

 

2.バトンタッチ

 

さて、2作目で追加された技の一つにバトンタッチという技があります。その効果は「他の味方と交代し、かかっていた能力変化や補助効果を引き継ぐ」というもので、例えばかたくなるという技は防御力を50%アップさせる効果がありますが、通常の交代だとその効果は失われるところ、バトンタッチで交代すると防御力アップの効果を引き継いだまま交代ができるようになりました。この技の登場で、能力上昇の恩恵を引き継いだまま後続のポケモンに交代し、そのポケモンが相手の残りポケモンを全抜きする勝ち筋が生まれました。作数を重ねる中でバトンタッチに対抗する技の追加・調整が加えられましたが、どうやら界隈では今でも不変のセオリーとして好んで使われているようです。

 

私たちの界隈でバトンタッチといえば、育休の延長交代が思い出されます。育休は1歳~16ヶ月、16ヶ月~2歳と延長できる仕組みがありますが、2024/1/1生まれの子を例にとると、従来は1歳~16ヶ月に達する子に係る育休開始日は1歳の誕生日(2025/1/1)、16ヶ月~2歳に達する子に係る育休開始日は16ヶ月の誕生日応答日(2025/7/1)に限られており、配偶者と交代で育休取得する場合もこのタイミングに限定されていました。しかし一昨年の育児介護休業法の改正により、配偶者が育休取得していた場合には配偶者の育休終了日の翌日以前を開始日として育休取得が可能となりました。例えば配偶者が2025/3/31に育休終了予定の場合は2025/4/1以前、配偶者が2025/9/30に育休終了予定の場合は2025/10/1以前の、それぞれ任意のタイミングで育休取得が可能です。子を養育するという目的のため配偶者と代わって育休を開始することから、バトンタッチ育休と呼ばれたりします。

 

 

上図はバトンタッチ育休の典型例ですが、家族の形に合わせた柔軟な育休取得が可能です。

これらのバトンタッチには共通点があり、①その時点の状況・権利をそのまま引き継ぐこと ②先行は一旦役目を終えて託す状況にあること ③後続は期待を込めて託されること が挙げられます。言葉本来の意味を考えれば当たり前のことですが、先行の積み上げたものが不足していたり、後続の積み上げが不十分だったりすると、一連のプロセスは目的を遂行できなくなります。逆に先行や後続の不足をもう一方が補う(挽回する)こともあるでしょう。バトンタッチは連帯感を重視する日本人にとって親和性のある言葉だと感じます。

 

 

3.私たちのバトン

 

バトンタッチは気を遣う場面ですし、スピードも遅くなります。足が速い人が全部走れば一番早いのに、どうしてバトンタッチという一手間を加え、後続に託さなければいけないのでしょうか。言うまでもなく、そのバトンを手に握ったままずっと走り続けることが、ルール上認められないからに他なりません。

 

これは競技会のバトンリレーだけの話ではありません。学生時代まで遡らずとも私たちは現に、公私にわたる様々な組織・チームの中で、役割や仕事というバトンを託し、託されてきました。私たちのバトンも借り物であり、ずっと手に握り続けることはできません。年齢や状況といった自分にはどうしようもない事情により、ある日突然バトンを託し、託されることに気付きます。

 

バトンリレーではテークオーバーゾーンが区切られ、後続走者も準備しています。競技会の勝利を明確な目的として、その時点で最も足が速い4人が選抜され、利害関係も殆どないでしょう。しかし私たちのバトンは、利害関係(様々な要因でそれを引き受けたい、引き受けたくない)もあり、テークオーバーゾーンや後続の存在も曖昧で、目的すら定まっていないこともあります。より良いバトンリレーを作り上げるため、チームは目的を明確にし、これらの状況を整備した上で、メンバーにパフォーマンスを発揮してもらうこと、メンバーはいつでもバトンを託し、託されても大丈夫な状態にしておくことが重要です。

 

このバトンは、組織における問題を示唆してくれます。チームの状況的な要請があるのに「託されたくない」というのは、一番足が速い人が「リレーに出たくない」のと同様、それなりの理由があるのでしょう。一方チームに所属するメンバーは「リレーに出る」ことを目標として日々研鑽しなければいけませんが、それを妨げるものは何でしょうか。また、チームがメンバーの能力向上やモチベーション管理を、自己責任としてメンバー自身に任せきりにすれば、たとえ強豪チームでも個人プレーが色濃くなりインターハイ出場は困難となるでしょうし、逆に弱小チームでも人材の発掘と育成次第でインターハイに出場できるかもしれません。そもそも、後続走者たるメンバーはいるのでしょうか。あるいは、育っているでしょうか。スカウトの強化や育成のロードマップ策定、練習試合への登用など、人材活用にも方針と戦略をもたせ、メンバーと共有することが望ましいです。

 

たしかに「馬を水辺に連れていくことはできるが、水を呑ませることはできない」(岸見一郎・古賀史健著,『嫌われる勇気』,2013)ものの、馬は水を飲もうと、飼い主は水辺に連れていこうと努める必要があります。メンバーはバトンの出し手、受け手になることを意識した日常行動が求められ、チームはその日常行動を啓発・管理するマネジメントが要求されます。HRとしては後者を念頭に置いた施策立案が今後より一層重要となり、腕の見せ所として注目されることでしょう。

 

皆様にとって次のバトンタッチが、より良いものとなることを願っております。

 

 

執筆者:鈴木

鈴木 俊輔

鈴木 俊輔 社会保険労務士

第3事業部 グループリーダー

秋田県出身。明治大学文学部卒業。
新卒でガス会社に入社し、現場と本店を経験。その中で「人」について考える仕事がしたいと思い至り、人事労務の専門家である社労士を志し、この業界に入りました。

大野事務所に入所し約5年。社労士として研鑽を積む傍ら、副業で再エネ事業、BPO事業を営んでいます。前職や副業で培った経験と、先輩や上司から頂いた金言を大切に、お客様への価値提供と業務改善を常に意識しながら、日々仕事に取り組んでいます。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.06.12 大野事務所コラム
株式報酬制度を考える
2024.06.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【振替休日と代休の違い】
2024.06.05 大野事務所コラム
As is – To beは切り離せない
2024.05.29 大野事務所コラム
取締役の労働者性②
2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop