TOPこれまでの情報配信メール令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等

令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等

※弊事務所のお客様に対し、タイムリーな情報提供を目的として配信しているメールです。

平素は大変お世話になっております。
社会保険労務士法人大野事務所のメール配信事務局です。

 

本日は以下3点についてご案内します。

 

==目次====================================
【1】 令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A
【2】 令和6年能登半島地震により被害を受けられた健康保険、厚生年金保険の被保険者、事業主・船舶所有者の皆さまへ(Q&A) 
【3】 災害を受けた場合の労働保険料等の猶予制度に関するQ&A
========================================

 

令和6年1月1日能登半島において発生した地震により、家屋倒壊や土砂災害、津波等甚大な被害がもたらされ、一刻も早いライフラインの復旧が望まれる日々が未だ続いています。こうした中で、被害を受けた事業場においては事業の継続が困難または著しく制限される状況にあることから、使用者の労働者に対する対応等について一般的な考え方を示すべく、厚生労働省は労働基準法等に関するQ&Aを、日本年金機構は健康保険・厚生年金保険に関するQ&Aを取りまとめました。首都圏においても発生し得る自然災害への備えとして、災害時における労働基準法をはじめとする法律や各種保険に関する記事を以下にまとめていますので、是非ご一読ください。

 

 

 

【1】令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A

本Q&Aでは、労働基準法や労働契約法等、労働者に対し使用者が守らなければならない事項について休業、解雇、賃金の支払といったテーマごとに一般的な考え方がまとめられています。ここでは、その一部をご紹介します。(QAの番号は原文どおり、回答は下記ページをご参照ください。)

 

Q1-1:被災により、事業の休止などを余儀なくされ、やむを得ず休業とする場合にどのようなことに心がければよいのでしょうか。
Q1-5:災害により、事業場の施設・設備は直接的な被害を受けていませんが、取引先や鉄道・道路が被害を受け、原材料の仕入、製品の納入等が不可能となったことにより労働者を休業させる場合、「使用者の責に帰すべき事由」による休業にあたるでしょうか。
Q3-1:災害を理由に雇用する労働者を解雇・雇止めすることはやむを得ない対応として認められるのでしょうか。

 

■厚生労働省 令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/content/001186969.pdf

 

 

【2】令和6年能登半島地震により被害を受けられた健康保険、厚生年金保険の被保険者、事業主・船舶所有者の皆さまへ(Q&A)

本Q&Aは、健康保険、厚生年金保険の被保険者に向けた内容が主となりますので、社会保険に加入されている方にもご一読いただきたい内容となっています。

 

ⅠQ5:事業主が被災により死亡や行方不明となっている場合は、届書等をどのように提出すればよいですか。
ⅡQ2:令和6年能登半島地震により事業ができないため、厚生年金保険料等が納付できない場合はどのようにしたらよいですか。

 

■日本年金機構 令和6年能登半島地震により被害を受けられた健康保険、厚生年金保険の被保険者、事業主・船舶所有者の皆さまへ(Q&A)
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2024/0109.files/QA.pdf

 

 

 

【3】災害を受けた場合の労働保険料等の猶予制度に関するQ&A

労働保険料は、災害の発生に伴い財産に相当の損失を受けた場合について、一定の要件に該当するときは納付の猶予が認められます。
なお、納付の猶予が認められると、猶予期間中の延滞金が免除されるほか、財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

本Q&Aはこの猶予制度に関するもので、制度の具体的内容、猶予の申請方法、申請期限等について説明しています。(能登半島地震発生前に作成されているものです。)

 

■厚生労働省 災害を受けた場合の労働保険料等の納付猶予の制度について
https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/001122177.pdf

■厚生労働省 災害を受けた場合の労働保険料等の猶予制度に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000762494.pdf

 

 

 

 

 

なお、弊事務所ホームページでは法改正情報等のニュースやコラムを定期的に掲載しておりますので、是非ご参照ください。
■法改正情報
https://www.ohno-jimusho.co.jp/special_info/sp03/
■大野事務所コラム
https://www.ohno-jimusho.co.jp/category/cate-3/#catetitle

過去のニュース

ニュースリリース

2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
2024.01.19 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈前編〉】
2024.01.17 大野事務所コラム
労働保険の対象となる賃金を考える
2024.01.10 大野事務所コラム
なぜ学ぶのか?
2023.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
2023.12.20 大野事務所コラム
審査請求制度の概説③
2023.12.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【テレワークと事業場外みなし労働時間制】
2024.01.17 これまでの情報配信メール
令和6年4月からの労働条件明示事項の改正  改正に応じた募集時等に明示すべき事項の追加について
2023.12.13 これまでの情報配信メール
裁量労働制の省令・告示の改正、人手不足に対する企業の動向調査について
2023.12.13 大野事務所コラム
在宅勤務中にPCが故障した場合等の勤怠をどう考える?在宅勤務ならば復職可とする診断書が提出された場合の対応は?
2023.12.12 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【研修、自己学習の時間、接待の飲食、ゴルフ、忘年会や歓送迎会は労働時間となるのか?】
2023.12.06 大野事務所コラム
そもそも行動とは??―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉚
2023.11.29 大野事務所コラム
事業場外労働の協定は締結しない方がよい?
2023.11.28 これまでの情報配信メール
多様な人材が活躍できる職場環境づくりに向けて、副業者の就業実態に関する調査について
2023.11.22 大野事務所コラム
公的年金制度の改正と確定拠出年金
2023.11.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【試用期間中の解雇・本採用拒否は容易にできるのか】
2023.11.15 大野事務所コラム
出来高払制(歩合給制、請負給制)給与における割増賃金を考える
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop