TOP大野事務所コラム本社一括届出の電子申請がさらに便利に

本社一括届出の電子申請がさらに便利に

こんにちは。大野事務所の高田です。

 

就業規則と36協定の本社一括届出手続きをご存知でしょうか?

 

1.就業規則と36協定の本社一括届出とは

 

本社一括届出とは、複数の事業場(支店等)を有する会社において、事業場ごとに届出が義務付けられている就業規則届や36協定届の手続きを、本社管轄の労働基準監督署に対して一括で行うことができる制度のことです。
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/130419-1.html

「そのような便利な制度があるなら、すべての会社が利用すればよいではないか」と思われるかもしれませんが、本社一括届出には、利用するための条件がそれぞれあります。

 

  • 【就業規則】
    ● 本社と各事業場の内容が同一であること

 

【36協定】
● 協定事項のうち、「事業の種類」「事業の名称」「事業の所在地(電話番号)」「労働者数」以外の事項が同一であること

 

就業規則の方は、支店ごとに就業規則が異なるといった会社以外は利用できるのですが、問題は36協定の方です。上記4つの事項以外が同一であるということは、各事業場の過半数代表者も同一でなければならないという意味であり、これは即ち、労働者の過半数で構成される労働組合が存在し、当該労働組合の代表者が各事業場の過半数代表者として適格である(各事業場単位においても組合員が過半数である)場合にしか利用できないことを意味します。この条件を満たしている会社様はそれほど多くありませんので、私自身も殆ど利用機会がありませんでした。

 

それが、このたびの取り扱い改正により、「令和3年3月末から、事業場ごとに労働者代表が異なる場合であっても、電子申請に限り36協定の本社一括届出が可能」となりました。
https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000724367.pdf
電子申請を利用することが条件ではあるものの、これにより、すべての会社の本社一括届出が容易になったということであり、今後は、積極的にこれを利用しない手はありません。

 

図1

 

2.(個人的な)非効率な手続きワースト3

 

ここで少々話が脱線しますが、私がこの仕事に長年携わってきた中で、その手続きの目的と趣旨に照らしても、あまりに手続き方法が非効率で手間がかかりすぎだと感じている(た)手続きのワースト3を挙げたいと思います。

 

第3位 (支店が多数ある会社の)就業規則届

 

顧問先様から、年1回の36協定届と合わせて届け出てほしい、就業規則の表紙に労働基準監督署の受付印がほしいといったご要望を頂くことが多々あり、これまでは事業場単位の紙での届出が多かったのが実状です。特に支店が多数ある会社様の場合、届出先数分の就業規則を印刷するために大量の紙を使用し、またそれを送るために多額の郵送代がかかるなど、とにかく大変でした。

本社一括届出の電子申請を利用すれば、就業規則を印刷する必要もありませんし、さらに今回の取り扱い改正により、意見書には過半数代表者の記名のみでよいことになりましたので、利便性が一層高まったといえます。

 

第2位 (支店が多数ある会社の)労働保険 継続被一括事業 名称変更届

 

被一括事業の名称や所在地を変更した場合には、指定事業(本社)を管轄する労働基準監督署へ届け出ることになっています。支店1ヶ所の変更であれば大した手続きではありませんが、会社名の変更の場合は、すべての被一括事業の名称変更手続きが必要になります。提出は本社管轄の労働基準監督署にまとめて行いますので、被一括事業の一覧表を添付するなどの方法で手続きの省力化を図って頂きたいのですが、今のところ、被一括事業ごとに1様式を作成しないことには受け付けて頂けないようです。

この点電子申請についても同様であり、「被一括」事業の手続きでありながら、手続きは一括して行えないという有様ですので、今後改善を図って頂きたい手続きの筆頭に挙げられます。

 

第1位 (支店が多数ある会社の)36協定届

 

36協定において、本社一括届出が利用できなかった理由については既に述べました。36協定の法的な意味合い、およびその重要性を認識している我々でさえも、これを数十ヶ所、会社様によっては数百ヶ所も取りまとめて届け出る業務は、もはや単なる作業と化し、苦痛にまで感じるほどです。

今回の電子申請の取り扱い改正によって、本社一括届出が格段に利用しやすくなったことは、まさに革命的な出来事だといっても過言ではありません。

 

3.さらに改善を期待する事項

 

以上、あくまでも筆者個人の独断と偏見に基づいてランキングを付けてみましたが、今後、就業規則届と36協定届については、大幅に作業時間およびコストの削減が図られるのではないかと期待しています。

ただ、この協定届や本社一括届出の電子申請の関連では、他にも改善をお願いしたい事項が幾つかありますので、主なものを3つだけ挙げておきたいと思います。

 

① 36協定届以外の協定届(裁量労働制や事業場外労働など)についても、本社一括届出を可能にしてほしい
② 36協定届以外の協定届についても、監督署受付の公文書が出るようにしてほしい
③ 監督署受付の公文書について、レイアウトをもう少し整えてほしい

 

電子申請の分野は日進月歩ですので、今後に期待したいと思います。

 

執筆者:高田

高田 弘人

高田 弘人 特定社会保険労務士

幕張第2事業部 事業部長/パートナー社員

岐阜県出身。一橋大学経済学部卒業。
大野事務所に入所するまでの約10年間、民間企業の人事労務部門に勤務していました。そのときの経験を基に、企業の人事労務担当者の目線で物事を考えることを大切にしています。クライアントが何を望み、何をお求めになっているのかを常に考え、ご満足いただけるサービスをご提供できる社労士でありたいと思っています。

その他のコラム

過去のニュース

ニュースリリース

2024.05.22 大野事務所コラム
兼務出向時に出向元・先で異なる労働時間制度の場合、36協定上の時間外労働はどう考える?
2024.05.21 これまでの情報配信メール
社会保険適用拡大特設サイトのリニューアル・企業の配偶者手当の在り方の検討について
2024.05.17 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【法的に有効となる定額残業制とは】
2024.05.15 大野事務所コラム
カーネーションと飴(アメ)―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉝
2024.05.10 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(後編)】
2024.05.08 大野事務所コラム
在宅勤務手当を割増賃金の算定基礎から除外したい
2024.05.01 大野事務所コラム
改正育児・介護休業法への対応
2024.05.11 これまでの情報配信メール
労働保険年度更新に係るお知らせ、高年齢者・障害者雇用状況報告、労働者派遣事業報告等について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
令和4年労働基準監督年報等、特別休暇制度導入事例集について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
所得税、個人住民税の定額減税について
2024.04.30 これまでの情報配信メール
現物給与価額(食事)の改正、障害者の法定雇用率引上等について
2024.04.24 大野事務所コラム
懲戒処分における社内リニエンシー制度を考える
2024.04.17 大野事務所コラム
「場」がもたらすもの
2024.04.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【年5日の年次有給休暇の取得が義務付けられています】【2024年4月から建設業に適用される「時間外労働の上限規制」とは】
2024.04.10 大野事務所コラム
取締役の労働者性
2024.04.08 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【算定基礎届(定時決定)とその留意点(前編)】
2024.04.03 大野事務所コラム
兼務出向時の労働時間の集計、36協定の適用と特別条項の発動はどう考える?
2024.03.27 大野事務所コラム
小さなことからコツコツと―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉜
2024.03.21 ニュース
春季大野事務所定例セミナーを開催しました
2024.03.20 大野事務所コラム
退職者にも年休を5日取得させる義務があるのか?
2024.03.15 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【2024年4月以降、採用募集時や労働契約締結・更新時に明示すべき労働条件が追加されます!】
2024.03.21 これまでの情報配信メール
協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率、雇用保険料率、労災保険率、マイナンバーカードと保険証の一体化について
2024.03.26 これまでの情報配信メール
「ビジネスと人権」早わかりガイド、カスタマーハラスメント防止対策企業事例について
2024.03.13 大野事務所コラム
雇用保険法の改正動向
2024.03.07 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【専門業務型裁量労働制導入の留意点(2024年4月法改正)】
2024.03.06 大野事務所コラム
有期雇用者に対する更新上限の設定と60歳定年を考える
2024.02.28 これまでの情報配信メール
建設業、トラック等運転者、医師の時間外労働の上限規制適用・令和6年度の年金額改定について
2024.02.28 大野事務所コラム
バトンタッチ
2024.02.21 大野事務所コラム
被扶養者の認定は審査請求の対象!?
2024.02.16 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈後編〉】
2024.02.14 大野事務所コラム
フレックスタイム制の適用時に一部休業が生じた場合の休業手当の考え方は?
2024.02.16 これまでの情報配信メール
令和6年能登半島地震に伴う労働基準法や労働契約法等に関するQ&A 等
2024.02.09 ニュース
『workforce Biz』に寄稿しました【固定残業代の計算方法と運用上の留意点】
2024.02.07 大野事務所コラム
ラーメンを食べるには注文しなければならない―「人と人との関係性」から人事労務を考える㉛
2024.01.31 大野事務所コラム
歩合給の割増賃金を固定残業代方式にすることは可能か?
2024.01.24 大野事務所コラム
育児・介護休業法の改正動向
2024.01.19 ニュース
『月刊不動産』に寄稿しました【派遣労働者の受入れ期間の制限〈前編〉】
2024.01.17 大野事務所コラム
労働保険の対象となる賃金を考える
2024.01.10 大野事務所コラム
なぜ学ぶのか?
2023.12.21 ニュース
年末年始休業のお知らせ
HOME
事務所の特徴ABOUT US
業務内容BUSINESS
事務所紹介OFFICE
報酬基準PLAN
DOWNLOAD
CONTACT
pagetop