「社労士法人 大野事務所」の「アドバイザリー業務。採用、教育、年俸制、コンピテンシーなど、担当者様のお悩みを解決。

アドバイザリー業務

アドバイザリー業務

人事労務に関する諸問題について未然に防止することを基本とし、日々発生するご担当者様の様々なお悩みを解決、サポートしていくサービスです。ご相談案件に対するアドバイスは勿論のこと、規程改定、書類作成・変更時のレビューや法改正情報のご提供から他社事例のご紹介まで幅広い情報提供も行います。

  • 就業規則をはじめとする人事労務関連諸規程の整備・改訂時におけるアドバイス
    ※ 大規模改訂等のコンサルティング業務を要するものを除く
  • 労使協定等の締結に関するアドバイス
  • 雇用契約書、労働条件通知書、辞令、その他社内人事書式等に関するアドバイス
  • 人事労務制度の運用および人事労務管理上の問題解決に関するアドバイス
    ※ 労働争議に介入することとなるものを除く
  • 労働関係諸法令の解釈・運用に関するアドバイス
  • その他、メンタルヘルス・ハラスメント対応等の人事労務に関するアドバイス
  • 法改正情報のご提供
  • モデル規程、参考判例等の関連資料のご提供
  • 定例セミナーの開催(年2回)

■ アドバイザリー業務報酬基準

内容顧問報酬/月
① 月に3時間相当の作業を見込んだ場合60,000円(税別)
② 月に4時間相当の作業を見込んだ場合80,000円(税別)
③ 月に5時間相当の作業を見込んだ場合100,000円(税別)
上記報酬を基本報酬とさせていただき、企業規模・ご要望等に応じて報酬を決定いたします。
月の訪問回数により別途報酬が加算されます。
毎月の定期ミーティングをご希望の場合には、80,000円(税別)/月からといたします。
このページのtopへ

アウトソーシング業務 | コンサルティング業務