ニュース

【東京都】労働相談及びあっせんの状況について

東京都産業労働局は、去る5月14日、都内における平成29年度の労働相談・あっせんの状況についてとりまとめ、
公表しました。概要は以下のとおりです。


【労働相談の状況】
 ・労働相談件数は、51,294件(前年度比3.3%減)で、5万件を超える状況が続いている。
 ・相談項目の上位5位は、次の順となっている。
    1.退職(相談項目全体の11.1%)
    2.職場の嫌がらせ(同9.8%)
    3.労働契約(同8.9%)
    4.解雇(同7.4%)
    5.賃金不払(同6.2%)

 ・「職場の嫌がらせ」をはじめとする「人間関係」に関する労働相談は増加傾向にあり、
  相談件数に占める割合が30%弱になっている。


【あっせんの状況】
 ・あっせん件数は、411件(前年度比7.9%減)。そのうち7割以上(303件、73.7%)の高い割合で
  当事者間での合意が成立し、紛争が解決した。


<参考URL>
■東京都産業労働局 平成29年度の労働相談及びあっせんの状況について
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/06/14/09.html

■平成29年度 労働相談及びあっせんの状況
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/06/14/documents/09_01.pdf

このページのtopへ