ニュース

日・中社会保障協定の署名が行われました

去る5月9日、「社会保障に関する日本国政府と中華人民共和国政府との間の協定」(日・中社会保障協定)
の署名が両国間で行われました。


本協定は両国の年金制度を適用対象とし、日中両国からそれぞれの相手国に派遣される企業駐在員等に係る
年金制度二重加入の問題を解決することを目的とされています。
この協定が発効されると、派遣期間が5年以内の一時派遣被用者は、原則として派遣元国の年金制度にのみ
加入することとなります。


なお、本協定は、ドイツ、英国、韓国、米国、ベルギー、フランス、カナダ、オーストラリア、
オランダ、チェコ、スペイン、イタリア、アイルランド、ブラジル、スイス、インド、ハンガリー、
ルクセンブルク、フィリピン、スロバキアに次いで、日本が署名する21番目の社会保障協定です。


<参考URL>
■厚生労働省 「日・中社会保障協定の署名が行われました」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000205351.html


大野事務所facebookにも同様の記事を掲載しております。
あわせてご確認ください。
https://www.facebook.com/ohno.jimusho

このページのtopへ